• clinic94

糖尿病になって良かった。が->複雑

特に、女性で、肥満で、中年で、家族にも糖尿病がいて、つまり、糖尿病の家族歴があって、肉親に2型糖尿病があって、その介護をしている最中において、すでに、糖尿病予備軍であることを理解した場合、

さらに、GLP1ダイエットの内容を知って糖尿病になることを抑止することはせず、 慢性の高血糖状態が、おこってしまって、

糖尿病と診断されて、それで、ビクトーザやオゼンピックを保険診療枠内の金額でもらえるようになって、保険には、ちゃんと払っているわけだから、正々堂度と、保険診療での金額で、すませることができて、

それで、HbA1cは、6%まで、さがって。体重も、ー5kg、は、おちて。

結局、「先生に、糖尿病、と診断されて、よかったです。!。。」

と言われた時、糖尿病専門医としては、すごく複雑です。

本来なら「糖尿病になることを予防することを促進しなくてはいけない立場」 であったはずのものが、「糖尿病になることを、予防しないような立場」にかわってしまったような気がして、うしろめたいような、きもしないではないです。

いや、そうではなくて、、

国民皆保険制度の枠内での正規の医療行為なのだから、まったく、正しい医療活動である、と、言えるものなのかもしれませんが、すごく複雑です。

「糖尿病と診断されることが、ハンディキャップではない」、と言われる時代がくるとは、これまで、誰が思っていたのでしょうね。

誰も、思っていなかったのだと思います。

その意味では、GLP1ダイエットの診療行為を始めた事は、糖尿病診療における、すごいパラダイムシフト、を実行しようとしているのかもしれない、と実感させられます。。。

とはいえ、、

ともかく、厳密な、医療行為を、正しく行うだけしかないです。ちなみに、オゼンピックを1本5万円に設定した事には、ちゃんとした理由があります。もちろん糖尿病と診断された方には、はるかに安価な金額で処方しています。ですが、その理由については、企業秘密なので、後に、ゆっくりと公開していきたいと思います。


最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食