• clinic94

オリスタットの上手な服用法

GLP1ダイエットを行っていて、その上で、膵リパーゼ阻害剤:オルリスタット(商品名;オルリファスト、あるいは、ゼニカル)を服用する場合には、ちょっとしたテクニックがあります。それを伝授いたします。

1.最初は、1日、1カプセルで油の多い食事中か、食後1時間以内に服用してください。

2.トイレにいって振り返って油が浮いていれば,きいています。

3.うっかりオナラをしないように注意が必要です。

4.ゼニカルを服用したその日に、どっと効いてくるわけではありません。服用して、1、2日、たってから便中に脂肪が流れているのがわかり、そこで、効いているという実感がわきます。

5.ビクトーザや、サクセンダで、胃の排出運動が低下したことで、大腸への食物の移動も、ゆっくりとなり、そこで便から水分が腸管へと移動し、便が固くなり便秘になりやすいようです。

6.そうした場合、オルリファストあるいはゼニカルは便の中に中性脂肪をたくわえたままなので、便自体を軟便にし便秘の解消につながります。

7.GLP-1注射薬を継続していると、自然に、炭水化物のような食材が好きになり、油の多い食材、油脂が多い食材は、胃酸過多を起こしやすいので嫌いになり摂取量がへります。そうすると、ゼニカルが効いてくる油脂を多く含んだ食材も減るため、ひどい脂肪便は起こりにくくなります。サクセンダとオルリスタット(オルリファストあるいはゼニカル)が相性がよい組み合わせといえるのは、そのためです。

8.サクセンダであれば、1日2,4mgから3.0mgの注射で、ゼニカル1日2カプセルくらいが、ちょうど、よい内服量になるかもしれません。ただし個人差があります。

9.糖尿病の患者さんであれば、メトフォルミンが下痢をする作用があります。だからあえて、ゼニカルとメトフォルミンとの併用はお勧めしないことがあります。メトフォルミンは安価な薬剤です。1錠9.6円です。3割負担であれば4円程度です。ならば、メトフォルミンをかりに9錠服用したとしても36円なので、それで十分だろうと考えます。

10.かりに、メトフォルミン9錠を服用していて、それでも体重が減らない場合には、ゼニカルをお勧めすることはあります。

11.どうしても、脂肪便にならない方、便秘が治らない方、体重が減らない方については1日3カプセルまでの内服が可能です。ただ、上記のように、GLP1を注射している場合には相乗効果があるので、せいぜい1日2カプセルで十分な方が多いし、便失禁などが怖ければ1日1カプセルにしておいたほうが安全です。

12、服薬するタイミングは油が多い料理をたべた時だけ、その食中か食後1時間以内に服薬することがタイミングとしてはベストです。

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食