• clinic94

注射器を個人では送れない!怖い闇市場!

以前は「サクセンダ、買えますか?」というメールが着た時だけは、返信はしませんでした。最近は「オゼンピック、貰えますか?」というメールが飛んでくることがあります。

でも、そういう流れがでてきたから、でしょうか、それはわかりませんが、日本から注射液を含んだペン注射器の個人輸出が禁止になりました。

もし、日本の保険制度で安価に購入できたペン形注射器(GLP1製剤や、インスリン製剤)が、闇市場に回ったら、大変な騒ぎになります。

ビクトーザは1本、アメリカでは、10万円近い金額で売買されているのかもしれません。サクセンダなら、なおさら需要が高いのかもしれませんし。オゼンピックも、とんでもなく、高価な医療用(糖尿病治療用)薬剤なのです。

なので、この問題は、ますます、大きな問題となりつつあります。

こうした自体になったのは、このGLP1ダイエットが、がきっかけになったのかもしれません。あまりに美容外科医師たちのサイトには「嘘」が多すぎます。ですから、糖尿病専門医が、もう、この時流は知りませんでしたと言えない状況ができてきつつあります。

さらに、インスリン注射にも同じ禁止令がでた結果、中国に住まれるたくさんの患者さんに、当院から、インスリン注射を、通訳さんが、送れなくなりました。

これも、大きな問題になってますが、かなり最近の、身近におこっている具体的な例です。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食