• clinic94

現代版、大リーグ養成ギプス=パワージャケット

コロナウイルス感染者が、連日、東京では100名を超えて、事態は深刻になりつつあります。コロナ太りしても、仕方ないと諦めてばかりいては何もなりません。こういう時こそ、ピンチがチャンスと考えて、普段ではやらないような突飛な事を試すチャンスかもしれません。 先日、押し入れにしまっていたWiiを取り出し、テレビゲームで、「グランドスラムテニス」を紹介しました。ただ、このテニスも、慣れれば手首だけの運動でラケットを振ることは可能です。ですが、それではもったいないわけです。なにか、体に負荷を掛けながら運動すれば、立派な「消費エネルギー」を使う方策になるからです。 と悩んでいる時、あるナースから「重りをつけてはどうですか? 先生。」と冗談半分に言われました。 ですが、コロナウイルス問題が、これだけ真剣さを増してくると、それは冗談とは思えなくなります。まじ、やってみようか、と思い立つようになりました。そして、さっそくみつけたのが、かつて「巨人の星」「星飛雄馬」がつけていた「大リーグ養成ギプス」のようなものをつけて、テニスをすることでした。 アマゾンで、似たものをみつけ、やってみました。「パワージャケット」という名称になってました。さっそく購入しグランドスラムテニスを始めました。すると、30分もせずに、息がきれてきて、消費エネルギーは普通の運動なみに増えました。 以前も紹介しましたが、庭があれば土を掘っては埋めるとか、階段があれば、あえてエレベーターを使わず階段で10階まで上るとか、なにかしら身近で、できる知恵を使って、消費エネルギーを増やし、この難局を乗り切るしかなさそうです。 コロナウイルスが流行し、今は確かに特殊な状況下ですが、なんとか諦めず、サクセンダを注射しつづけ、運動は頭を使ってみてください。そして、もし「パワージャケット」を試すのであれば、9kgをつけるには、かなりの勇気がいります。腰を痛めないようにしてください。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07Q3C1Y7R/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o06_s00?ie=UTF8&psc=1


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食