• clinic94

サクセンダ0.6mgで痩せません。無駄です。

毎日、サクセンダ0.6mgで、痩せますから。17日で24800円、という広告が拡散しているようです。当院は10本で4本、プラス、針代込みですから、ほとんど、同額にしているようですが、問題は、サクセンダ0.6mgで、痩せると言い切っているのは、エビデンス無視の、医療PRであることなのではないでしょうか?。

エビデンスがない事を、まずもって100%、説明をしない美容系クリニックがあるようです。完全に間違ってます(Wrongです)。被害が拡大しているようです。

以前から、かなり多くの人数の受診者の方々が、そのクリニックから当院のほうへと転院を希望されてこられております。

毎日サクセンダ0.6mgで、痩せるという科学的根拠は、まったくありません。

0.6mgは、アメリカ人におけるサクセンダの初期投薬量であって、もし、0.6mgで、多少なりとも体重がおちたとするならば、もともと「過食症ぎみ」の傾向があった場合、その過食症が止まった時に、体重が落ちるというだけのことです。

美容系クリニックでは、最小限のリスクにしたいのでしょう。数を集めて、それから広告をうって、しだいに金額をあげていく。そして、その差額を広告代にまわす。

それが、美容系クリニック運営の常套手段だったかもしれません。しかし、そういう手段が、まかりとおるのは、もしかしたら日本だけかもしれません。

韓国では、サクセンダ自体は抗肥満承認薬なので、製薬企業が広告してくれます。ですから、クリニックの運営主体者が広告費を捻出する必要がありません。そのため、同じ美容系クリニックであったとしても、韓国での美容系クリニックのサクセンダの価格は安くできる、そういう構図になっているようです。 ただし、今はコロナ騒動で、韓国にいっている場合ではないので、当院への、お申込みが急増しています。

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食