• clinic94

SiPore15 で肥満者の、糖尿病発症を予防する

SiPore15というシリコン分子に、膵リパーゼ阻害剤と、アミラーゼ阻害剤とを組み合わせた物質を含ませて、服薬すると、肥満が改善するどころか、血糖コントロールにも、寄与することが報告されていました。炭水化物が吸収されず、脂肪も吸収されないわけですから、痩せるわけです。

1079-P — 2020 ADA Engineered Silica Particles Reduce HbA1c in Persons with Prediabetes

しかし、オルリスタット(膵リパーゼ阻害剤、商品名:オルリファスト、ゼニカル)ですら、日本では抗肥満薬として承認されなかったわけです。ですから、海外では、この薬が承認されても、日本で、この薬が承認される可能性は、大きくはなさそうです。

なんか、日本だけ、肥満治療に保険適応がされないのは、悔しいですよね。

糖尿病の発症予防にもなるのに。 そうすれば、多くの生活習慣病の予防にもなるのに。

The magnitude in HbA1c reduction was comparable to what has been observed with metformin in prediabetic clinical trials, translating to significant risk reduction in developing diabetes type 2. SiPore15’s novel ingestible device concept, combined with the preliminary demonstration of efficacy and safety indicates that SiPore15 is an exciting approach for prevention and treatment of diabetes and merits further clinical investigation.


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食