• clinic94

健常肥満者におけるオゼンピック:その注意点

アメリカ糖尿病学会2020年、の発表です。

941-P — 2020 ADA A Trial to Assess the Pharmacokinetics, Safety, and Tolerability of Semaglutide in Healthy Chinese Subjects

当院では、オゼンピックは、0.5mg注射をお勧めしています。ですが、オゼンピックの場合には、投薬量が増えれば、確実に、GLP1の血液濃度は高くなります。

Semaglutide exposure at steady state (see Figure) was consistent with dose-proportionality. Treatment ratios (1.0 mg/0.5 mg) were: AUC0-168h: 1.99, and Cmax: 1.94. Accumulation was consistent with the half-life (~1 week). 

In this trial, treatment with OW semaglutide was well tolerated, consistent with the GLP-1 class. The PK profile in Chinese subjects was consistent with previous trials. 

The most common adverse events were gastrointestinal events. NCT03288740.

私たちのクリニックで、最初に、0.5mg注射器から開始する理由は、以下のように、0.5mgの時と、1.0mgの時とでは、明らかにGLP1濃度に差があるからです。もし、1.0mgから開始したら、かなりの頻度で、悪心、嘔吐などの副作用が起こる事が予期されます。ともかく、オゼンピックは、あくまで糖尿病治療用の新薬なので、糖尿病専門医のもとで、注意深くオゼンピックを、処方してもらうようにしてください。

肥満治療用とするには、実は、また別の発想が必要であり、別の学術論文を熟読しておく必要があるからです。もしかして、「原著も熟読していない」ような美容外科系クリニックの医師達から、処方してもらうのは危険です。




1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食