• clinic94

食欲中枢を抑える新GLP1薬剤:GL0034

アメリカ糖尿病学会2020の発表です。「過食症」で悩んでいる方にとっては、朗報となることでしょう。とはいえ、国際的な糖尿病学会において、こうした肥満症や過食症を抑える薬剤についての発表が、近年、急激に増えたことには、驚きを隠せません。 世界の学者たちは、本当に「肥満を治そう」としているのです。

946-P — 2020 ADA The GLP-1 Receptor Agonist GL0034 Activates Central Regions Controlling Glucose Homeostasis and Feeding Behavior

結論だけ、解説すると、新しいGLP1受容体作動薬、つまり、GLP1ダイエットの新薬は、自律神経系統を介して、脳中枢神経に作動し、エネルギー代謝の均衡をコントロールし、過食症を治してくれる可能性があるようです。

それによって、食事の嗜好もかわり、食べる事に対するモチベーションも、変えてくれるということです。要するに、ガツガツと食べたいという自分の「欲求」を、この新薬は、消し去ってくれることができます。

どうしても食べたくてしかたがない、どうしても食事制限はできない、だから、太ってしまった、だからコロナ太りになってしまった、と考えている方がたには朗報になる新薬が登場しそうです。

Conclusion: These results indicate that SC injection of GL0034 activates several central brain regions, which control energy homeostasis through regulation of autonomic nervous activity and feeding behavior, potentially impacting food preference and motivated feeding behavior. These central effects may combine with the direct stimulation of pancreatic beta cells and insulin secretion by GL0034 to ensure efficient control of glucose homeostasis.

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食