• clinic94

遺伝子型によってサクセンダ効果が変わる

更新日:2020年7月21日

アメリカ糖尿病学会2020の発表です。遺伝子型は、the role of rs7202877 (T>G) polymorphism in CTRB1/2 gene という型です。

935-P — 2020 ADA Effect of CTRB1/2 RS7202877 (T>G) Polymorphism on Weight Loss Response to Liraglutide Treatment in Greek People with Type 2 Diabetes

ギリシア人での研究で、2型糖尿病の患者さんが対象の研究でしたが、この調査は、遺伝子型によって、サクセンダの反応が違うのが異なる事を証明した臨床研究でした。


Previous studies have demonstrated an association between gene polymorphisms and weight loss response to GLP-1 RA therapy. We aimed to evaluate the role of rs7202877 (T>G) polymorphism in CTRB1/2 gene in weight loss response to liraglutide among Greek people with T2D. 116 adults with T2D (51% female, mean BMI 35.4±6.4 kg/m2, mean age 68.3±10.9 years), who had been on treatment with liraglutide for at least 6 months were genotyped for the rs7202877 polymorphism, using real-time PCR. Responders were defined as subjects who lost 3% or more of their baseline weight, whereas non-responders those who lost less than 3% of their initial weight after 3 or 6 months of liraglutide administration. 77 (66%) individuals were classified as responders and 39 (34%) as non-responders. 97 (84%) patients were homozygous for the wild type rs7202877 T allele (TT) and 19 (16%) patients carried one polymorphic G allele (TG). The probability of being weight loss responder was increased by 12%, when carrying the G allele; however, the result did not achieve significance (OR:1.12, 95% 0.4, 3.2, P=0.84). In the response group, weight was reduced by 5.9 kg (95% CI: -6.9, -4.9, P<0.0001) and by 6.4 kg (95% CI: -8, -4.9, P<0.0001) from baseline to 3 and 6 months, respectively. More non-responders were treated with a combination of oral agents and insulin at baseline, compared to responders (OR: 0.25, 95% CI: 0.07, 0.84, P=0.008). Both responders and non-responders exhibited a reduction in HbA1c during the study (-0.9%, P<0.0001 and -0.5%, P=0.008, respectively). The probability of being a weight loss responder was decreased by 26% for every 10 kg increase in baseline weight (adjusted for baseline HbA1c OR: 0.97, 95% CI: 0.95, 0.99, P=0.027). Our findings do not suggest a role of CTRB1/2rs7202877 polymorphism in affecting weight loss response to liraglutide in Greek people with T2D. In contrast, lower baseline body weight might be related to better weight control following treatment with liraglutide.

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食