• clinic94

サクセンダを長く注射して大丈夫? 特に、癌は?

サクセンダは、もともと、一般名が、リラグルチドです。1日1.8mgまでなら、日本国でも糖尿病治療用として、ビクトーザとして商品名となり、発売されています。そして、糖尿病の発症を予防します。ですから、サクセンダを長く注射していれば、糖尿病も予防し、肥満も予防します。

では、糖尿病や肥満について、癌との関係は? と言われると、有名な事実が知られています。糖尿病があると、癌になりやすいのです。だから、私たちのクリニックでは、人間ドックを通院患者さんにお薦めし、何度も、癌の早期発見をしてきました。これまでに癌をみつけた例数は、数えきれません。

では、糖尿病では、どういう癌が多いか、というと、世界的には、糖尿病でない人を1とした場合、

肝臓癌は、2.5倍。/  子宮体癌 2.1倍。/  膵臓癌 1.82倍。/  大腸癌 1.3倍。/  膀胱癌は1.24倍。/  乳癌は、1.20倍です。糖尿病で唯一、糖尿病でない人より少ない癌は、前立腺癌だけ、です(0.84倍)。

私たちのクリニックのナース4名のうち、1名は、国立癌センターで勤務してきており、癌への造築が深いスタッフがいるのも、これも、糖尿病や肥満を専門にしているクリニックだから、という理由を、これでご理解いただけるのではないか、と考えます。

上記に記載したのは、海外でのデータでしたが、日本でも、似ている傾向は認めます。 日本国内で行われた8つのコーホート試験のプール解析(男性:155,345名。女性:189,792名、平均10年間追跡)の結果においても、

肝臓癌は、1.97倍。/ 子宮内膜癌 1.84倍。/  膵臓癌 1.85倍。/  大腸癌 1.40 倍。/  膀胱癌 1.28 倍。/  乳癌は、やや海外より少なく1.03倍。

と似た傾向がありました。ただ、乳癌だけは、海外より、やや少ないのは肥満している女性が少ないからかもしれません。

つまり、サクセンダを注射しつづけていれば、糖尿病にもなりにくくなり、肥満も予防し、という事になるわけです。

ただし、この結果を証明するためには、サクセンダを継続して、10年継続した人と、継続しなかった人とを比較しなくてはいけないので、日本では、まだ結果がでていません。海外でも、まだです。ですが、論理的には容易に類推できますし、確率論的にも推測できますが、統計的データが備わっていないだけだろうと、考えます。

最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重