• clinic94

肥満女性は、なぜ子宮内膜癌になりやすい?

かなり古い論文になりますが、2004年に、肥満女性が子宮内膜癌になりやすい、作用機序について、Nature Reviews Cancer 4: 579-591, 2004 に報告されています。

簡単に説明すると、肥満には、インスリン抵抗性があり、高インスリン血症になりやすく、高インスリン血症は、SHBG(Sex Hormone binding globullin)を、低下させて、その結果、活性型エストロゲンを亢進させ、それが、エストロゲン、つまり女性ホルモンの標的細胞である、子宮内膜細胞や、乳腺上皮細胞に作用し、子宮癌や乳癌などを、起こしやすくするのかもしれない。これらの細胞のアポトーシスを抑制し、細胞増殖をたかめ、分化異常を速めてしまうのではないか、という学説です。

かなり、医学的なので、忘れていただいてよいのですが、つまりは、太っている女性は、そのままにしていると、子宮癌や乳癌になりやすい、ということになります。 ですから、中年太りしてしまって、どうしよう。これから、ダイエットしても、何も得なことはないし、と想っている女性でも、やはり、サクセンダのような薬物治療によって、癌を予防するという事は、実現可能である、、そんな事が、まことに主張されるのではないかと予測しています。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食