• clinic94

アメリカ糖尿病学会 2020 , Poster Jun 13

アメリカ糖尿病学会2020.6月13日に発表された演題を、紹介します。

1596-P — 2020 ADA Evaluating Reports of Pancreatic Malignancy and Liraglutide: A Pharmacovigilance Study of the FDA Adverse Event Reporting System

リラグルチドだけが、他の、糖尿病治療薬と比べて、膵臓癌との関連が深いという内容の発表なのですが、これを、読み解くには、先に示した、ふたつの事象を、考えておかなくてはいけません。

つまり、糖尿病で癌になりやすい、肝臓癌、大腸癌、子宮体癌、乳癌などは、いずれも、肥満に関係した癌です。ですから、リラグルチドを投与すれば、論理的には、その頻度は低まるはずです。それに対して、膵臓癌だけは、肥満とは関係なく、起こる癌です。まして、膵臓癌になると、糖尿病になりやすいので、その関係は、どちらが鶏か、どちらが卵か、という関係になりやすく、判断が難しいのです。

特に、GLP1受容体作動薬は、膵臓に対しては、アポトーシスを抑制し、膵細胞の増殖を促しますから、なおさら、他の癌とは区別して、糖尿病の世界では、考えられています。先にしめしたように、糖尿病があるだけで、かなり膵臓癌にはなりやすいのですが、膵臓癌だけは、痩せたことで改善しない癌なので、肥満とは切り離して議論すべきテーマの癌なのです。

ですので、今後、65歳以上で、糖尿病の家族歴がなく、肥満がなく、でも、サクセンダを注射したい、そして、家族には膵臓癌の親戚がいる、などという方から、治療を受けたいと言われた時には、注意が必要なようです。65歳という基準は、韓国の論文でも、そこからは要注意、ということが示されています。

このことは、リラグルチドだけではなく、おそらく、GLP1受容体作動薬全体、つまり、オゼンピック、バイエッタ、リキスミア、トルリシティ、ビヂュリオンのみならず、経口セマグルチドにも、言えることかもしれません。実は、経口セマグルチドは、高齢者にこそ、向いている治療法だろうか、と、私は、この発表を聴講するまでは、そう考えていましたが、この発表を聞いて、高齢者には、糖尿病があって、かつ、肥満がなければ、GLP1受容体作動薬も、メトフォルミンなども、可能なかぎり、控えたほうがよいかもしれない、と、考えるようになりました。肥満があれば、肥満関連の癌を減らすという意味では、高齢者でも、よいかもしれません。

最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重