• clinic94

パンデミック弱者 !?

糖尿病でも、肥満でも、パンデミックや自然災害などがおこると、食事の変化に影響をうけ、自粛を強制させられるため、運動ができなくなったりと、ストレスがたまり、血糖値があがり、肥満が増悪する、、、そういうことは、かねてから言われてきていました。

地震の時に問題が起こった方がたは、災害弱者でした。今回のコロナでは、パンデミック弱者とでも、言えるかと想います。

東日本大震災でも、同様の事態がおこりました。その時には、ともかく、インスリンの提供が問題になりました。その結果、「インスリン相談」窓口という、新しいシステムが立ち上がりました。特に、停電があった事で、インスリンの冷蔵保存ができないということで、薬品卸から、医療機関に提供ができないという事態も、起こったそうです。

今回のコロナの場合には、インスリンが不足するということは問題はなく、極端な運動不足から「コロナ太り」という問題が増えました。そのためか「オンライン診療」という窓口が、とても重要であるという認識が生まれ、その価値が認識されました。今回の、コロナによって、幅広く知られた薬剤のひとつが、もしかしたら、GLP1だったかもしれません。「iryoo.jp 」というプラットフォームへの展開も、その流れで生まれました。

とある有名ジムのTV-CMが、コロナ前までには、ほとんどみかけなかったのに、コロナ後からは、頻繁にCMに現れたのは、その社会的潮流を表していたものでしょう。

東日本大震災の時には、東北大学の糖尿病専門医が、機関病院の役割として、正しい、インスリンの知識を、社会に普及させることが必要だったようです。ですが、GLP1となると、やはり、糖尿病専門医が、正しいGLP1の知識を、社会に普及させることが大事なようです。

4連休の最後の夜に、こういう執筆をしている事が、そういう活動にあたるのかも、、と想ってます。東京では、まだ、どこにもいけない日々が続いています。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食