• clinic94

陥りやすい「落とし穴」

米国糖尿病学会の発表から。 954-P — 2020 ADA GLP-1–Experienced Patients Switching to Once-Weekly Semaglutide in a Real-World Setting (EXPERT Study)

現実的には、糖尿病治療薬として使用されている薬より、オゼンピックのほうが、はるかに強いということを現実社会(Real world)で証明したデータが発表されました。ですが、ここには、重要な事、陥りやすい「落とし穴」ある事を理解しておかなくては、いけません。

米国や海外では、ビクトーザがとても高価なのです。エビデンスが多い薬は米国では高価すぎて、投薬をうけた人の約7割は、ビクトーザを、1.2mgくらいしか使えていないという数値があることを昨年、報告させていただきました(Xenor Study )。サクセンダ2.4mg、3.0mgまで利用できる人は、かなりセレブなのです。

ですから、ビクトーザ1.2mgから、オゼンピック1.0mgに切り替えれば、当然、オゼンピックのほうが強いという結果がでてしまいます。こういう社会的な背景を理解しないで、単純に、オゼンピックが最も強いGLP1製剤だということを脳裏に埋め込むのは、危険です。

某医師が、さかんにメールや電話で、オゼンピックを薦めてくるようです。うっかり、そういう誘いには、乗らないようにしましょう。

そして、サクセンダは0.6mgでも痩せる、とうたっている美容系クリニックも、XENOR studyを見れば、大嘘つきだという事がわかるはずです。全体の、たった2%しか利用されていないのですから。サクセンダ0.6mgでは痩せませんし、無駄です、というブログが、数ヶ月、人気ランキング1位でしたが、しっかりしたこういう背景がある事を知っている医師がいかに少ないかを物語っているようです。



3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食