• clinic94

注射に抵抗感がなければ、当然、痩せられます。

これまで、DPP4阻害剤だけできて、体重がへらなくて、そういう方が、GLP-1受容体作動薬に切り替える場合、つまり、内服薬から、GLP-1受容体作動薬、つまり、GLP1注射製剤に切り替えた場合には、当然のごとく、食欲は低下し、体重は減ります。

サクセンダでも、オゼンピックでも、痩せられます。

最近は、内服薬から、注射製剤への、「抵抗感」が、ぐんと減ってきたようです。むしろ、「注射だからこそ、効果がある。注射だから、ありがたい。注射だから、痩せやすい。」という意識のほうが、強くなったようです。

昔は、糖尿病の世界では、注射イコール、インスリン、でした。今でも、インスリン注射をされている方は、私たちのクリニックの噂をきいて、沢山、来院されます。もちろん、インスリンから、GLP1への切り替えなら、当然のことく、血糖はさがり、痩せることができます。インスリンも減らすことが可能です(2型糖尿病の場合だけですが。)

どんどん、「注射は怖くない。むしろ、やってみたい」そういう傾向が強くなってきているようです。

やっぱり、GLP1の出現によって、糖尿病治療、肥満治療には、「パラダイムシフト」が、起こっている、と実感しています。

最新記事

すべて表示

May God Bless Donald Trump

この講演を聴くと、トランプがいなくなるのは、さみしい気持ちがしないでもないです。 社会の枠組みにとらわれず、独自の思想を元に行動するをアウトサイダーと呼びます。自分の信念を最後まで信じ、時には己の強い信念で他人から攻撃される場合も多いです。トランプ大統領はこの祝辞で、「そのようなアウトサイダーになれ」と言います。 [英語モチベーション] 誰が世界を変えるのか | 2017年度リバティ大学卒業祝辞|

NASHとは

NASHとは、、これを知らないと抗肥満治療が語れないかもしれません。 以下のサイトから引用しますが、ポイントは2点です。 1.予後は良好である事が多いので、たいした問題とは考えられていない。 2.治療法はない。特に、グルカゴンなどの効果も証明されていない。 従って、予後が悪いとされる「原因」さへ見つかれば、GLP1を使って押さえ込まなくても、心配ない病態です。サクセンダで十分だと思いま