• clinic94

肥満遺伝子は、300以上。

肥満遺伝子についての遺伝子研究は、ゲノムワイド研究(GWAS)という研究成果がつみかさなれ、300個異常の、一塩基多型(SNPs)が同定されています。

Lancet Diabetes Endocrinol 2018; 6: 223-236

これらの遺伝子研究から、あらたな、抗肥満薬の治療のターゲットになると考えれています。しかし、現在のところは、分子標的な抗肥満薬は、ありません。

ですが、肥満遺伝子を調べます、というような検査法が、ネットでは見つかったりしています。おそらく、はずれる確率のほうが多いのでしょうが、特に、民族差があるような場合には、考えておくべき必然性があるかもしれません。

今では、写真のような、肥満関連遺伝子キットも発売されているようです。ですが、遺伝子=親からもらった体質だとすると、その体質をしったからといって、その運命を逆境だと考えて、立ち向かおうと考えるのか、運命は運命だから、しかたがない、と考えてあきらめるのか、の2者にわかれるのだろうと思います。あるいは、運命なんて、どうせ変わらないんだから、調べなきゃよかったと後悔してしまうタイプもいるかもしれません。

ただ、現在は、サクセンダという「薬」の力で運命を変えられる時代です。糖尿病は遺伝が強い疾患ですが、家族歴が強い2型糖尿病ほど、「治せる」「これから薬で治る」という確率が高いわけです。

そういう治療があることがわかったら、まず、治療をしてみて、それからは、どんな遺伝的背景があったとしても、治療成果から、なぜ、その治療が成功しにくいのか、なぜ、成功したのか、を振り返る時があれば、そういう時に役立つかもしれません。


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食