• clinic94

海外では、沢山の薬が「肥満症」の適応承認薬

Lancet 2016, 387; 1947-56 より、引用しています。

海外では、リラグルチド(サクセンダ)以外に、エクセナチド(商品名:バイエッタ)が、肥満症の適応をとっている、という日本内科医師会での発表がありましたが、それを、聞いて、「本当かな?」と、疑ってしまいました。たしか、エクセナチドは、オフラベルの薬剤のはずです。肥満症治療薬として、国際的に承認を得ているのは、サクセンダだけのはず。日本内科学会の講師ですら、こういう間違いをしているのか、と、ふと思いました。

それはさておき、下図の右には、中枢性薬剤が並んでいます。海外では、かなり多くの「中枢性薬剤」が、抗肥満治療薬として医師、特に糖尿病専門医が処方できているようです。昨年のアメリカ糖尿病学会のレポートでは、それらをブログで、公開させていただきました。



最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重