• clinic94

サクセンダが、コロナへの対抗手段治療となる!

衝撃のニュースがアメリカでは発表されました。9月4日、昨日のニュースです。

糖尿病患者がコロナ渦に罹患すると重篤化しやすい事は知られています。ですから、ノボノルディスク社は、肥満と糖尿病の治療薬であるサクセンダが、患者への助けに有意義でないだろうかという調査を、電子カルテ情報を分析し、結果を得たということでした。

Patients with Covid-19 can suffer from an inflammatory condition in which the immune system overreacts to the virus, causing damage that is worse than the infection itself. コロナをもつ患者は炎症疾患に罹患し免疫システムが対抗するが、それ事態が病状を悪化させる。とあります。

サクセンダなどのGLP1は、血管内炎症を抑える事が動物実験などでも知られ、それが心臓血管イベントを減らすという理論にもなっています。そして、肥満があると、将来のワクチン治療においても、免疫反応に対する有効性が低下するとされています。

そのため、サクセンダなどを注射し、肥満を解消し、血管内炎症を抑えておくことは、コロナ渦に対抗する準備段階を構築しておく術、もちろん、しっかりした治療手段になるのではないだろうか、という推論が述べられていました。


Covid-19 Drugs and Therapies: Novo Nordisk Pursues Obesity, Diabetes Drugs - Bloomberg



https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-09-04/drugs-that-fight-diabetes-and-obesity-may-treat-covid-novo-says

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食