• clinic94

サウナスーツダイエット

最後のダイエットの連載

 身長が155cm、体重55kg、プヨプヨした水太りタイプです。私のようなタイプは、体から水分を出してやるのがいちばんと、サウナスーツダイエットは水分がほしくなります。

 これは、痩身用のサウナスーツを家にいる間じゅう着用してたくさん汗をかく方法です。 一週間たったいま、体重は1kg減少。でも肌はガサガサ、体もフラフラします。おまけに、あせもだらけで痛いやら、かゆいやら、あせもを出さずに続けられる良い方法はないものでしょうか。

A 汗を流せば、確かに水分は体の外に出ます。その分、体重も一時的には減少します。しかし、人間は汗を出したままの状態では脱水症状を起こしてしまうもので、その後には必ず水分が欲しくなるものです。こうして水分をとって仕舞えば、体重はすぐまた元に戻ってしまいます。“肥満”というのはあくまでも、脂肪の多い、少ないで決まるもの。ですから、このような水分だけの増減は医学的にはやせたことにはなりません。  このほか「サウナで汗をかく」「やせたい部分にラップを巻く」「通気性の悪いランニングウエアを着て走る」といったダイエット法も同じです。いずれも単に体の水分を減らすだけですから、決して痩せることにはなりません。  また、あなたがいうような、“水太り“というのは、医学的にはあり得ません。人間の体は約60%が水分です。その量はほぼ一定に保たれるように調整されています。もし、ほんとうに水分が体内にたまって太っているとしたら、それは心臓や腎臓の病気の可能性があり、ダイエットどころか治療が必要です。とにかく、無意味なダイエット法はいますぐやめるべきです。

出典  最後のダイエット 鈴木吉彦 著 (株) 主婦の友社 発行

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食