• clinic94

抗肥満薬が及ぼす社会的な好影響

私のブログをみて、恐怖!と思っているのは、糖尿病関連の製薬メーカーだけではなさそうです。

肥満に関係した、例えば、 高脂血症 (内分泌代謝内科、特に、中性脂肪が高い時の治療) 高血圧  (循環器内科) 睡眠時無呼吸症候群 (呼吸器内科) 脂肪肝 (消化器内科)

など、肥満と直接的に関係した薬や治療薬を発売を考えている製薬メーカーにとっては、大きな波紋だそうです。かつ、内科医の各専門分野の医師たちの医療にも、影響を及ぼすことでしょう。

もし、肥満が改善すれば、こうした肥満関連疾患の市場も縮小するから、無視はできないです。深刻な話になるかもしれないとのこと。確かに、生活習慣病の一番、上流を抑えるのですから、下流にあった疾患の人口も減ります。当然、それに関係した製薬メーカー、医療機器メーカーにも影響は、及びます。

痩せれば、降圧剤、高脂血症の薬などが不要になるかもしれません。睡眠時無呼吸症候群も治り、CPAPをしなくても、すむかもしれません。だからです。製薬メーカーが恐れるのは。。。

他にも、

肥満専門の衣類メーカー 肥満関連グッズをビジネスにしているお店

などにも影響がでるかもしれないとのこと。。 こんなに大きなメリットがある治療法なのに、なぜ、日本の厚労省は、抗肥満薬を認可しないのだろう、、、と、ある大手企業の社長が話しをしていたことを、ふと、思い出しました。

肥満を改善すれば、他の疾患も、ドミノ倒しのように、治ってくるはず、と内科医であれば、そういう発想をします。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食