• clinic94

とある美容系クリニック院長、の主張 & その矛盾

ネット検索をしていたら、 以下のような文章を掲載しているHPをみつけました。

 以下、引用です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【重要】医師会よりGLP1ダイエットについて注意喚起が出されました。当クリニックでは、2014年にアメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)で2015年にはカナダ、ヨーロッパで肥満治療薬として承認されたことや、臨床的な有用性を示す臨床試験をもとにした論文(一例としてメタアナリシスを挙げます。 Tina Vilsbøll et al Effects of Glucagon-Like peptide-1 Receptor Agonists on Weight Loss: Systematic Review and Meta-Analyses of Randomised Controlled Trials  PMID: 22236411)の内容を吟味した上で、診療に用いてきました。実際に肥満の方への効果にもエビデンスがあり、当クリニックでも適正かつ慎重な使用により、大きな副作用を生じることなく効果を得ている方が多いので、医薬品の適性使用の観点から使用を禁止するとまで述べるのにはいくらか疑問を感じます。正直、通販などで手に入るダイエットを謳ったサプリメントよりはよほど効果と安全性は高いものと考えています。

ただ、十分な説明や指導がなされないまま処方されている医療機関が多いのも事実なので、医師会はその現状を鑑みて今回の注意喚起を行ったものと考えます。

この現状を踏まえて、当クリニックでは同治療をご希望される方には、これらの注意喚起がなされていることや実際の現状、情報をお伝えした上で、治療を受けるかどうかを決めていただく方針を徹底していきます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

このような形を示していますが、「副作用」については、 以下だけの内容です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

GLP-1投与後しばらくの間、吐き気やむかつきなどを感じることが稀にあります。この症状は、胃での消化を緩やかにするという薬の作用の一つで、投与をしばらく継続すると治まってくることがほとんどです。がまんできないほど辛い場合には早めにご相談ください。

その他起こりうる副作用:注射部位の発赤、かゆみ、膵炎、下痢、アレルギーなど

また、妊娠している方は使用できません。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

これだけでは、不十分だと思うのですが。

私たちは、正直、すぎるのでしょうか? 

厚労省からは「副作用については、細かく添付文書にある内容を、日本語に直して表示しなさい」という指導がありました。 なので、厳格に、私たちは厳守しています。今回の事態は、いろんな医師が、いろんな意見をもっているようです。

ちなみに、このクリニックでも、リラグルチド??不明。ともかく、なにかを、0.6mgを注射しつづけて、1本、30日分、つまり、1か月で、65000円だそうです。商品名を表示していないのが怖いですよね。 しかも、サクセンダを、毎日、0.6mg注射していても、痩せるはずがないのに。なんだか、「主張」と「実際に行っている行為」が、原著論文とは、かけ離れていることに、きがついていないようです。

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食