• clinic94

ボトックスクリーム。糖尿病専門医の「倍返し」?!

欧州糖尿病学会2019 (バルセロナ)にいった時の事だと記憶してます。

展示場で、ある女性から、声をかけられました。なにかと思ったら、ボトックスのクリームでした。たいして害はないですよ、といわれて、その女性がいうがままに、目の外側に、ボトックスクリームを塗ってもらいました。塗ったその時は、何も反応は感じませんでした。

ところが、その30分後、クリームを塗ったところだけが、皮膚が、つっぱってきたのです。つまり、薬で、しわ伸ばしができていました。

今後、皮膚科医、美容外科医達が、糖尿病領域の薬剤を、あたかも自分たちの薬剤であるかのようにして販売するのであれば、糖尿病の医師も、黙ってはいないかもしれません。逆もあり、です。

糖尿病専門医が、ボトックスクリームを、超格安で、GLP1ダイエットと、セット販売することだって、できます。つまり、本来なら、皮膚科医、美容外科医たちの薬剤である「クリーム」を価格をさげて、自由診療で販売すればよいだけ、です。


Amazon.com : botox cream for face


https://www.amazon.com/botox-cream-face/s?k=botox+cream+for+face


今、はやりの「倍返し」をやるのもあり、かもしれません。

まんがいち、ボトックスクリームの処方について、「業務停止」と言われても、糖尿病専門医は、いたくも、かゆくもないわけですから。


最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食