• clinic94

厚労省指示による改定箇所(4)

「ダイエットプラクティス」、英語で略せば、ダイエットの臨床、という表現が、「広告が可能とされていない事項の広告」に該当するとのことです。SNSは、自由な発信な場所なので、SNSでは、まだ、このままの表現を維持していますが、公式HPでは、「GLP1メディカル肥満外来」という、広告が可能とされる文字、「GLP1 」「メディカル」「肥満外来」などを、組み合わせ、なんとか、体裁をとりつくろいました。苦肉の策の名称変更となります。こうした内容を、既に、厚労省に提出しております。まだ、現在、判定の最中と考えられますので、今は、このまま何も変更することなく、「広告が可能とされていない事項の広告」ではないと承認されるのを、じっとして待っているという状況にあります。連休明けまでは、この体制で自粛体制で維持していく予定です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ガイドラインに抵触している表示:


「GLP1ダイエットプラクティス」

抵触しているガイドライン条項:


3-1-(1)広告が可能とされていない事項の広告

抵触している場所の指摘


「GLP1ダイエットプラクティス」は、第5-4(12)ア①保険診療、②評価療養、患者申出療養及び選定療養、③分娩、④自由診療のうち、保険診療又は評価療養、患者申出療養若しくは選定療養と同一の検査、手術その他の治療の方法、⑤自由診療のうち医薬品医療機器等法の承認又は承認を得た医薬品又は医療機器を用いる検査、手術その他の治療の方法のいずれかに該当することを確認できない治療方法であり、第3-1(1)に規定する「広告が可能とされていない事項の広告」に該当し、医療に関する広告としては認められないものです。




広告可能事項の限定解除の考え方

上記は限定解除要件を満たすことによって広告することができますが、国内で承認されていない未承認医薬品等(承認等された効能・効果又は用法・用量が異なる医薬品・医療機器を含む)を自由診療に使用する場合は、「広告可能事項の限定解除の考え方」の要件に加え、「未承認医薬品等であること」「入手経路等」「国内の承認医薬品等の有無」「諸外国における安全性などに係る情報」の明示が必要です。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食