• clinic94

GLP1製剤、切り替えで、確かな事実

多種類からの、オゼンピックの切り替えで、確かに統計的有意差をあえてとらなくても、確実な事があります。それは、ビディリオンからオゼンピックへと切り替えをした場合には、ほぼ、全例、ビディリオンの注射に、戻るのを拒否するだろうという事です。

それだけ、針の太さの違いは、患者さんの、コンプライアンスに関わります。

おそらく、GLP1製剤の中で、最も早く登場したのは、エクセナチドであり、ビデュリオンは、その1週間製剤ですが、特許がきれるのも、早いかもしれません。特許がきれれば、販売元のアストラゼネカ社でなくても製造ができるようになります。それによって格安のGLP1製剤が市販されても、驚きではありません。ですが、その場合であっても、ビディリオンの針の痛みを我慢してまで、「痩せたい」と思う人がいるだろうか?と想像すると、きっといないだろう、と断言する事ができそうです。

ビディリオンは、英国のアストラゼネカ社の製品です。

今は、コロナワクチンの製剤で、日本国政府とワクチン供給について、契約をかわした製薬企業として有名になっています。AZD1222という治験名称製剤のようです。



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食