• clinic94

オゼンピック、安全性に問題あり!

先のブログの最後の部分だけを、日本語訳します。

The magnitude of semaglutide-induced weight loss in this study exceeded the criteria of both the EMA and FDA for antiobesity drugs, and there were no safety concerns, indicating the eligibility of once daily sc semaglutide as a future antiobesity drug.


オゼンピックを毎日、注射する事には、将来の「抗肥満治療薬」としては、その[適格性(eligibility)]において、[沢山の懸念点」(concers)がある。

そういう結語でまとめられています。今後、オゼンピックが、皮膚科医や美容整形外科医らによって処方されるでしょうが、きわめて、訴訟リスクをしらない医師の、無謀な行為であろうと考えます。

厚労省、日本医師会、日本糖尿病学会、抗加齢学会、日本美容外科学会が、「勧告」をだしているとは思いますが、それを、無視している医師たちの神経がわかりません。

ある知人が、ある皮膚科に電話して、「どうして、皮膚科なのに、糖尿病治療薬を処方しているのですか?」と、電話で会話したら、慌てて「院長」が電話口にでてきたそうです。そして、「本来なら、糖尿病専門医が処方する治療です。」と明言したそうです。ならば、なぜ処方するのですか?と質問したら、「要望が多いからです。」と答えたそうです。その院長は、まじめなのか、利益追求型の思考派の医師なのか、実際に、お会いしてみたいと考えています。

ともかく、オゼンピックの「安全性」を知らない医師(皮膚科や美容整形外科医達)が、GLP1ダイエット、を唄っているサイトは、ほぼ詐欺まがいの内容であるということは、断言しておきたいと思います。 今の状態を放置するのであれば、日本の学会や政府、霞が関が動くはずです。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食