• clinic94

1週間に1回のインスリン&GLP1

欧州糖尿病学会2020では、第二相臨床試験として、1週間に1回のインスリン製剤が発表されました。もし、これが実現すると、将来は、1週間に1回のインスリンと、1週間に1回のGLP1製剤との併用だけで十分、あるいは、GIP/GLP1製剤との併用だけで十分といわれる時代が到来するかもしれません。ただし、GLP1製剤の1週間製剤のほうが、1日製剤より安全性は低いようです。胆嚢疾患などもそうですし、インスリンについては、低血糖の頻度は、絶対に比較する必要があります。

http://dm-rg.net/news/2020/09/020498.html?dm=m2010a

 経口抗糖尿病薬で十分にコントロールされていない2型糖尿病患者に対する週1回の基礎インスリン投与の最適滴定の理解を深めるため、インスリングラルギンU100と異なる「insulin icodec」の滴定アルゴリズムの影響を比べたデータも紹介された。この16週間の臨床試験で調査された「insulin icodec」の週1回投与の3種の滴定アルゴリズムはすべて忍容性が良好で有効なことが明らかになり、1日1回のインスリングラルギンU100投与と比べて適用された滴定アルゴリズム次第でより優れた、あるいは同様の「範囲内の時間」を示した。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食