• clinic94

正しいダイエット実践の基本② “1日に必要なエネルギー“よりも、少ないエネルギーの食事をとります。

最後のダイエットの連載  痩せるためには、摂取エネルギーを消費エネルギーより少なくすれば、いいかえれば、摂取エネルギーと消費エネルギーの差がマイナスであればいいわけです。  ところが、摂取エネルギーにせよ、消費エネルギーにせよ、実際は、当然、個人差もあり、日々違いも出てくる、つまり毎日揺れ動いている数値です。しかも、算出するには、各個人毎に、ある期間、毎日毎日の食事の総エネルギー量や、行動のそうエネルギー量を出して、その平均を割り出さなければなりません。これは現実問題として、なかなか難しいことです。  そこで、やせるためには、摂取エネルギーを“1日に必要なエネルギー”にできるだけ近づけていく、という方法をとります。言い換えれば、1日の総エネルギー量を、“1日に必要なエネルギー”と同じか、それ以下に抑えるわけです。“1日に必要なエネルギー”とは、当たり前の日常生活を前提とした、健康に生活するために最低必要なエネルギーのことです。  つまり、このエネルギー量で生活すれば、長期的には、余分な体脂肪がいっさいなくなっていくはず、というわけです。“1日に必要なエネルギー”は、標準体重1kgあたり、おおよそ25kcalとされています。したがって、各個人ごとに、次に示した計算式で算出する事ができます。


































出典  最後のダイエット 鈴木吉彦 著 (株) 主婦の友社 発行 http://glp1.com


2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食