• clinic94

Educator になる事がIDFの仕事 (the role)

美容整形外科医達、皮膚科医たちは、ほとんど、GLP1の治療法については、ちょっとした文章をかいているだけ。

なのに、糖尿病専門医の、私は、なぜ、こんなにブログを書くのだろう、不思議、 と思われている方も多いと思います。

ですが、本日、国際糖尿病学会(IDF)から送られてきたメールには、このようなイラストがはってありました。つまり、糖尿病学の教師になること(Educatorになる事)が、糖尿病専門医にとっては、とても大事な役割なのです。

Educatorとは、自分の持っている知識を、広く多くの人達にシェアする人のことでしょう。つまり、ブログやSNSなどで、疾患に対する知識や、治療に対する知識を、広める教師という事になります。(私の場合は、かつては、70冊という書籍の出版が、その役割を果たしていました。)

youTuberの中で、「教育系youTuber」という用語が、もてはやされるようになっていますが、医師であれば、「教育系」は、私が日々、書いているような内容になるのかもしれません。まだ、顔出しはしたくはないので、youTuberになる「勇気」はないのですが、ブロガーなら、もうなってます。

そして、これが、国際糖尿病学会(IDF)が、世界中の糖尿病や肥満を治療する糖尿病専門医に期待している仕事(the role )という事になるわけです。

最新記事

すべて表示

スライディングボードエクササイズ

180cm 230cm 2サイズがあります。 通常は、180cmで、十分だと思います。 230cmができる人が身長が高い人、体格が大きい人、アスリートを目ざす人だけのようです。 シューズカバーが、ありますが、あえて、靴をはかないで、素足でも、できます。 持ち運びやすい 場所をとる時だけとるけど、しまいやすい、です。 外来の患者さんたちに、コロナ禍で、御薦めできるツールのひとつです。

GLP1効果が継続している時の、秋の心境とは

食べる気がしない。 食べなくてはいけない、というきにはならない。 でも、食べ始めると食べてしまう。 結構、入る。食べちゃう。 以前と同じ量は食べられてしまう。 お腹いっぱいには、なったという感じには、ならないが、満足感はある。 ちょっとだけ食べてもいいかな、という感じ。 でも、これだと食べてしまう。 ここで、食事の回数を減らそうと思った人はやせることができる。 回数を減らさなければ、痩せない。 G

インナーマッスルは、ダイエット向きではない!

肩や腰がいたくて、インナーマッスル治療をうける方たちがいます。 電気で、筋肉を強制的に振動させるのですから、その筋肉周囲の血流はよくなり、気持ちがよくなることもあるかもしれません。 確かに、インナーマッスルの治療をうけた後、 インナーマッスルの器具を購入し、自宅で治療をした後、 腰痛が軽くなった、などという患者さんは存在します。 ですが、「筋肉が振動しただけ」では、ダイエット効果になるはずがありま