• clinic94

医療情報の総合サイトへの取り組み(事例:@ソニーコミュニケーションネットワーク) 9

分野のそれとは少し違った方向性を見せている点だ。  ワン・トゥ・ワンマーケティングを指向する多くの企業にとって、究極の目的はロイヤル顧客の確保にあるといって過言ではない。鈴木医師はその展開について、次のようなビジョンを語っている。 「My Mediiproは、さまざまな製薬会社や出版社などのIPに対して、自由競争による「街」を提供することによって、より価値の高い情報の流通を活性化させるという発想に基づいています。そこでの利便性を高めるファシリティを整備する上で、ワン・トゥ・ワンが効果的であると考えました」  医療情報の提供に際しては、患者の病態を診断し、治療の方法を決め、病態にフィットした適切な処置を選択しその後の経過を見守る、といった治療プロセスを汲み取ることが重要となる。また、医師をはじめ、薬剤師や看護師にもそれぞれの職務に応じた情報ニーズがあり、これら医療スタッフの役割を知った上で、もっとも適切な情報を伝えることが、My Mediproのような専門サイトにおける本質的な役割となるのだ。どこか特定の製薬会社や出版社のビジネス戦略を代弁するというスタンスでは、決してこの理想形を追求することはできないだろう。   確かに、医療といえどお経済活動から切り離して考えることはできないが、単なるプロモーションにとどまっていてはダメなのだ。だからこそ、My Mediproは直接的な営利活動とは一線を画し、利用者とIPの間の中立的な立場にサイトを位置づけた上で、情報流通をコーディネイトしているわけである。



最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食