• clinic94

コロナ渦で真逆になったオンライン医療の立場

今日のニュースで、

「タクシーに乗る時に、マスクをしていなければ、運転手が乗車拒否ができるようになる」

ような話題を耳にしました。

クリニックや病院の場合には、診療拒否、は原則として、できません。 ですが、今年、一部の病院では、新患は受け付けません、という制限をつけたことがありました。大学病院などが、そうでした。

となると、新患ほど、オンライン窓口が必要になります。

今、やろうと思えば、iryoo.jp に、無料のオンライン窓口を創ることはできます。 第一波の時には、既成事実がある施設にしか、認可がおりませんでした。 ですが、第二派については、すでに、iryoo.jpは、7月、8月、9月と3か月の運用実績があるので、無料で相談できるオンライン相談窓口を提供することができます。

今は、政府が、補助金の話題をしている場合ではなさそうですが、今後、どうするのでしょう?

もし、コロナ渦が再流行したら、今度は、iryoo.jpに、通常診療用の受付窓口を創るべきか、創らないべきか、悩んでいます。

GLP1ダイエット窓口は、既にオンラインがあるので、心配いりません。逆に糖尿病治療において、初診オンライン診療が、どうどうと、できないほうが、本当に困ります。

まるで、昔と真逆になりました。

医師法にある「初診対面の原則」は、できるかぎり、すみやかに、正式に撤廃して、法律を変更していただきたいものです。

政治家の皆さん、この変更の重要性に、早く気がついていただきたい、と切に思います。


最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食