• clinic94

この表記は、でたらめ!

もともと、この2製剤は、ダイエットではなくて、糖尿病治療用の2種類です。 この糖尿病治療用の製剤を、その用途を明らかにはしないで、薬品卸業から入荷するのは、禁止されているはずです。薬品卸業も、それに気がついたら、それを止めなくてはいけないルールになっていると聞いています。

今、このルール違反をしているクリニックが激増しているので、「ノボノルディスク社からは、なんとか、鈴木先生の力で、このルール違反をストップさせてほしい」、という依頼を受けているところです。厚労省からの全国医療機関への通達も、そのためでしょう。

医療機関には、しっかりとした流通のガイドラインがあります。この2剤は、あきらかに、糖尿病治療目的でもってしか、薬品卸は、医療機関に運んではいけないというルールであるにもかかわらず、それが、あたかも、ダイエット目的であり、糖尿病治療と無関係のような表記は、厚労省からの注意があって、しかるべきです。

細かい説明は省略します。が、もし、おかしいと思ったら、スズケンなどの、薬品卸会社に、問い合わせてみてください。糖尿病患者がいない医療施設(皮膚科や美容整形外科など)に、正規薬品卸会社が、糖尿病治療薬を納品するのは、禁じられているはずなので。そこを、注意勧告したのが、8月の厚労省の通達だろう、と、そう私たちは、認識しています。

オゼンピックの取り扱い医師が少ないなんて、糖尿病治療もした事がない皮膚科医師や美容整形外科医師らが、よく、言えたものだ、、と、正規の糖尿病専門医は、思うだけです。絶対、海外の正規の医学論文は、読んでいない、おそらく目を通してすらいない、はずです。特にオゼンピックにおける表記は、過去の論文を読んでいない証拠ですらあります。



2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食