• clinic94

リラグルチドの特許はいつ切れる?

https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=200902226902352457

バイデン次期大統領は、オバマケアの拡大戦略を発表しています。

となると、リラグルチドの特許についても、特許がきれたら、すぐに、競合製薬メーカーがでてきて、抗肥満治療として、製造を始めても、おかしくはありません。 上記の論文は、2006年のものです。その段階で、公開されているのですから、実際の開発初期、つまり特許出願は、もっともっと先だった可能性があります。

もし、2006年の4年前に特許がだされていたとすると、2002年に特許出願。となると、特許が切れるのは、2022年になるかもしれません。すると、あと、2年後に、サクセンダについては特許切れの「後発品」がでてきて、現在の料金の5分の1になるのかもしれないです。

そしたら、GLP1ダイエットは、最も、コスパがよいダイエット法として世界中に認識されることでしょう。当院ではサクセンダが税込み1本2万円ですが、あと、数年後には、税込み1本4000円くらいが適当な金額になり、最強にコスパがよいダイエット法ができてしまうかもしれないです。

家庭で、隠れることなく、冷蔵庫から、さっと注射をだして、コーヒーでも飲みながら、さっさっと自己注射をするくらいのシンプルダイエット、それがGLP1ダイエット、という感覚で呼ばれるようになるかもしれません。

そうなれば、サクセンダ1本7万円、1本5万円という価格で販売している美容整形外科医たちや、税込みではなく税別にしている医師達や、一部の皮膚科医たちは、蜘蛛の子を散らすかのようにして、この市場から撤退していく事になるかもしれません。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食