• clinic94

カナグル、で痩せるは100%「嘘」。体重は増えます!

商品名:カナグル(一般名:カナグリフロジン)は、SGLT2阻害剤という糖尿病治療薬です。尿にブドウ糖を排泄し、1日100グラムのブドウ糖を排泄するため、エネルギーは負の状態となり、糖尿病では、痩せやすい薬とされています。

類似のSGLT2阻害剤には、フォシーガ、フセフィ、デベルザ、ジャディアンス、スーグラなどがあります。この中でも、海外の臨床試験で、特に、糖尿病患者で、HbA1cが8%を超えた患者に、カナグリフロジン(商品名:カナグル)を、300mg投与した時には、4,5kg、痩せたという報告がなされています。

ですが、よーく考えてください。これは、HbA1cが8%以上という、血液中に、ブドウ糖がありあまっていう状態の人が、いっきに尿の中に糖を排泄した場合には、という条件がついているわけなのです。

そして、こういう場合、糖尿病ではケトン体がでてきますから、一次的に、エネルギーが負になり、ケトン体のせいで、お腹もすかなくなる時がありますが、それは、一次的とされています。

では、糖尿病において、SGLT2阻害剤(カナグル、フォシーガ、フセフィ、デベルザ、ジャディアンス、スーグラら)が、体重が減るとされている条件は、なんでしょうか? それは、HbA1cが7%以上あること、なのです。

つまり、HbA1cが正常の状態(HbA1cが6.5%未満)であれば、このSGLT2阻害剤は、ただただ無駄に尿に糖を排泄し、それがきっかけで、お腹がすき、空腹感が増幅し、体重が増えてしまいやすい薬剤なのです。私の外来の経験では、7kgから10kgくらい体重が増えてしまった患者さんもいたくらいです。

つまり「カナグル」を含め、SGLT2阻害剤を、抗肥満治療薬としている諸外国の臨床医はおりません。明確に、もし、「カナグル」を処方している美容系クリニックがあるとしたら、その医師は、代謝の事をまったく理解しておらず、臨床経験のきわめて乏しい美容系医師であると、断言できます。 ネットサーフィンをしていると、あちらこちらに、そういう「嘘」を平気で記載して、美容ビジネスをしている医師達(鬼医師?)をみかけます。そして世の中には、なんて、そんな「嘘」に簡単に騙される人たちが多いのか、とため息をつくしかありません。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食