• clinic94

鈍脳、になる薬には、要注意!

「鈍脳(インぺアードパフォーマンス)」とは?

「鈍脳」は、抗ヒスタミン成分を服用することで、集中力・判断力・作業能率が低下した状態をいいます。自分では気づかぬまま低下してしまうこともよくあります。

これから、秋の夜長、眠れなくなるという人も増えてくるかもしれません。そういう時、OTCなどで、抗ヒスタミン剤を購入し、それを睡眠薬として利用する方がおります。ですが、それを始めてしまうと、「鈍脳」が襲ってくるので、ついつい、寝る前に、なにか、自分では気が付かないまま、何かを口にしてしまうことがあるかもしれません。それが肥満につながります。

秋の夜長、冬の夜長を、どう過ごすべきなのか、を真剣に考えなくてはいけなくなりそうです。

特に、注意すべきは、TVでも宣伝している、「ドリエル」などです


https://www.ssp.co.jp/drewell/products/efficacy.html


cf。ドリエル・ドリエルEXは、「寝つきが悪い」、「眠りが浅い」といった多くの現代人の抱え「一時的な不眠症状※」を緩和することで、生活全体を充実させQOL(Quality of life:生活の質)の向上に貢献します。 病院で処方される睡眠薬(ベンゾジアゼピン系など)とは異なり、ドリエル・ドリエルEXはOTC医薬品のかぜ薬や鼻炎薬などに含まれる抗ヒスタミン剤の一種、ジフェンヒドラミン塩酸塩を配合しており、その作用で一時的な不眠症状を緩和します。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食