• clinic94

オゼンピックではなく、サクセンダを薦める理由とは?。

「先生、GLP1の新薬で、1週間に1回のオゼンピック、て、あるみたいですが、どうでしょうか?」と質問されることがあります。お問合せも少しはあります。

ですが、この薬剤には、思わぬ落とし穴があり、減量には不向きな点があります。それを解説してみます。

まず、特に、秋の果物を食べる頻度が増えてしまいます。そして、ついつい、甘いものをちょっとだけ、食べる習慣がついてしまいます。

オゼンピックにすると、いっぺんに量がはいらないから、つまみぐいが増える。目の前に果物があると、手が伸びます。そして、一口食べたらやめられなくなり、最後まで、その果物が食べたくなる。

サクセンダのほうが、ちゃんと食欲が抑制される時間を計算して、注射します。いつ、食欲を落とすのか、が計算でき、計画的にダイエットができます。つまり、必要な時に、減量した分の、ご飯を食べられるから、ご飯を食べた安心感があります。従って間食はしなくなります。

オゼンピックの場合には、「食べた気がしない。よって、他に何か、食べたくなる。特に、果物や年末にかけてのケーキなどでは、とても、誘惑にまけやすくなる。」、これによって、いつも「やってしまった!」という罪悪感にさいなまれる生活になるわけです。

結局、生活の質(QOL)としては、サクセンダのほうが、楽だし、人としての生活を、しっかり継続できる薬剤であると言えるわけなのです。いつも、最低限に必要な、ご飯が食べているほうが、間食はしない。それが人としての普通の生活である、と気がつかされるわけです。

糖尿病外来でも、オゼンピックを辞めたいという患者さんが増えてきました。最初は、1週間に1回だから便利だろうと思ったが、それなら、トルリシティに戻りたいという患者さんが増えてきているのです。ダイエット目的なら、やはり、サクセンダが一番です。

こういう「人間でしか理解できないフィードバック心理」を上手に利用しているのが、サクセンダ治療であります。だから、オゼンピックでは、ダイエット効果が希少である、と私はホームページにも記載しています。

さらに、糖尿病の血糖コントロールという観点からみても、血糖コントロールは、かえって悪化してしまっています。それは、糖尿病専門医としては、優秀な薬剤であるとは言えません。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トップフォロワーが医療関係者達

https://twitter.com/drsuzuki006 私のTwitterの、フォロワーのトップが、「ケアネット」(公式サイト)。医療関係者が集まる専門サイトです。つまり、医療関係者にフォローされている人にフォローされている? という事は、医療関係者の関心が高い内容を情報発信しているという事になるのでしょう。 当院のGLP1ダイエット外来を訪れるのは、ナース、女性医師、保健師、薬剤師、介護

食欲が低下しすぎて嫌、低下しすぎて良い薬!

未来の抗肥満薬のお話をします。既に、臨床試験には入っていて、糖尿病専門医の最先端の医師達は、処方経験がある薬剤です。もちろん、私も処方経験があります。ですが、どの新薬なのかは、公開はできません。 その新薬を投薬すると、2つの反応に分かれます。それが、 食欲が低下しすぎて嫌。続けたくない。  という方々と、 食欲が低下してちょうど良い。体重も減ってくるのでありがたい。 という方々です。 もちろん、後

18日から28日まで、年末限定! AGA.sale

男性型脱毛症(AGA)の治療薬、フィナステリドを、サクセンダと同時に購入の方のみ、超格安価格で、お届けいたします。価格表は以下のサイトをご覧ください。 AGA 男性 脱毛 HDC アトラス クリニック 千代田区 予防 最安値 https://www.aga.sale/ 他のサイトで購入される場合の、半額以下になっていると考えます。ただし、既に、フィナステリドを服用されている方に限定させていただきま