• clinic94

サクセンダのほうが、オゼンピックより痩せる原因は?

サクセンダは、抗肥満治療薬として承認されています。 ですが、実は、1週間に1回製剤のオゼンピックも、ランセットという海外の有名な医学雑誌(Lancet, 2018)などや、国際学会での発表では、毎日、注射が「抗肥満治療」法としては薦められています。

1週間1回のGLP1製剤なのに、なぜ、毎日、注射するほうが、痩せやすいのか不思議でしたが、沢山の患者さんたちにオゼンピックを処方していると、その理由がわかってきます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 以下が英文原著になります。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30122305/

Efficacy and safety of semaglutide compared with liraglutide and placebo for weight loss in patients with obesity: a randomised, double-blind, placebo and active controlled, dose-ranging, phase 2 trial - PubMed Lancet. 2018 Aug 25;392(10148):637-649.

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 要するに、サクセンダのほうが、生活が楽なのです。 オゼンピックは、食事の前になると空腹になります。 すごく空腹におそわれるといいます。そこで間食をしてしまうと体重はさっぱり減らなくなるわけです。 また、オゼンピックは、1週間、注射すると、調節がきかないのが、不自由です。 注射して、どこで効いているという手ごたえがないから、普通に、食事の時になると、食事前には気持ちがわるいくらい空腹になります。つまり食事の時に、空腹になるので、食べてしまいます。食欲抑制作用があるという薬のはずなのに、空腹感には襲われるので、食べてしまうわけです。だから、痩せないわけです。 これに対してサクセンダは、食事の前に空腹にならなにように、調節ができます。かつ、ダイヤルを調節することで、投薬量を調節できるため、アクセントをつけることができます。また、毎日、注射することでも、1週間の中での日々のアクセントを作ることができます。 サクセンダは、注射すると、計算どおりに、食欲をコントロールできる自由さがあります。これを、私は「サクセンダアクセント」と呼んでいます。 よって、サクセンダは、食事の時には、空腹が無くなるで、それが便利だし、その自由さがあるので、継続しやすいわけです。 こういう比較は、本当に、サクセンダとオゼンピックとを両方とも処方している糖尿病専門医しかしらないノウハウだろうと思います。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トップフォロワーが医療関係者達

https://twitter.com/drsuzuki006 私のTwitterの、フォロワーのトップが、「ケアネット」(公式サイト)。医療関係者が集まる専門サイトです。つまり、医療関係者にフォローされている人にフォローされている? という事は、医療関係者の関心が高い内容を情報発信しているという事になるのでしょう。 当院のGLP1ダイエット外来を訪れるのは、ナース、女性医師、保健師、薬剤師、介護

食欲が低下しすぎて嫌、低下しすぎて良い薬!

未来の抗肥満薬のお話をします。既に、臨床試験には入っていて、糖尿病専門医の最先端の医師達は、処方経験がある薬剤です。もちろん、私も処方経験があります。ですが、どの新薬なのかは、公開はできません。 その新薬を投薬すると、2つの反応に分かれます。それが、 食欲が低下しすぎて嫌。続けたくない。  という方々と、 食欲が低下してちょうど良い。体重も減ってくるのでありがたい。 という方々です。 もちろん、後

18日から28日まで、年末限定! AGA.sale

男性型脱毛症(AGA)の治療薬、フィナステリドを、サクセンダと同時に購入の方のみ、超格安価格で、お届けいたします。価格表は以下のサイトをご覧ください。 AGA 男性 脱毛 HDC アトラス クリニック 千代田区 予防 最安値 https://www.aga.sale/ 他のサイトで購入される場合の、半額以下になっていると考えます。ただし、既に、フィナステリドを服用されている方に限定させていただきま