• clinic94

肥満人口の多い国民は日本に住みたいと思っている?

アメリカのスタートアップ企業のレミトリーは先日、100カ国におけるGoogleの検索データを分析し明らかになった、「各国の人々が最も移住したい国」のデータを公表しました。

以下が人気の高かった国のランキングです。

1. カナダ(30カ国) 2. 日本(13カ国) 3. スペイン(12カ国) 4. ドイツ(8カ国) 5. カタール(6カ国) 6. オーストラリア(6カ国) 7. スイス(4カ国) 8. ポルトガル(3カ国) 9. アメリカ(2カ国) 9. イギリス(2カ国)

1位のカナダは幅広い地域からの支持を獲得し、2位の日本は北米やアジア圏で絶大な人気に。カナダは英語やフランス語が通じるし、スペインはスペイン語が通じるから、移住したいという人が多いのは理解できますが、日本は言語的には魅力的な国ではないでしょう。

となると、例えば、

アメリカ人にとって日本は、健康的で沢山の種類の日本食が食べられて、でも、痩せていて、治安もいいし、国民皆保険制度も整っているし、生活コストも、さほど高くない住みやすい国とみられているのかもしれません。

もしかしたら、アメリカやカナダ、オーストラリアなど、肥満人口が多い国から、日本に住みたい、日本にくればスリムになれる、と思われているかもしれません。医療水準も高いわけですし。

ともかく、このデータは、興味深いことです。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トップフォロワーが医療関係者達

https://twitter.com/drsuzuki006 私のTwitterの、フォロワーのトップが、「ケアネット」(公式サイト)。医療関係者が集まる専門サイトです。つまり、医療関係者にフォローされている人にフォローされている? という事は、医療関係者の関心が高い内容を情報発信しているという事になるのでしょう。 当院のGLP1ダイエット外来を訪れるのは、ナース、女性医師、保健師、薬剤師、介護

食欲が低下しすぎて嫌、低下しすぎて良い薬!

未来の抗肥満薬のお話をします。既に、臨床試験には入っていて、糖尿病専門医の最先端の医師達は、処方経験がある薬剤です。もちろん、私も処方経験があります。ですが、どの新薬なのかは、公開はできません。 その新薬を投薬すると、2つの反応に分かれます。それが、 食欲が低下しすぎて嫌。続けたくない。  という方々と、 食欲が低下してちょうど良い。体重も減ってくるのでありがたい。 という方々です。 もちろん、後

18日から28日まで、年末限定! AGA.sale

男性型脱毛症(AGA)の治療薬、フィナステリドを、サクセンダと同時に購入の方のみ、超格安価格で、お届けいたします。価格表は以下のサイトをご覧ください。 AGA 男性 脱毛 HDC アトラス クリニック 千代田区 予防 最安値 https://www.aga.sale/ 他のサイトで購入される場合の、半額以下になっていると考えます。ただし、既に、フィナステリドを服用されている方に限定させていただきま