• clinic94

ビクトーザの売上から安全性を考える !

世界で、糖尿病治療薬としての、GLP-1受容体作動薬としては、 47%が、ビクトーザで、年間3900億円ほどのようです。 (あるメディアによると。。)

世界で金額が異なるので、何本かは、一概にはいえないにしても、 仮に1本3万円だとして(アメリカでは、1本10万円)、 13.000.000本、つまり、1千300万本が発売されているという計算になります。

1千3000万本というわけではないですが、仮に、12か月使っていると仮定すると、 0.9mgで計算すると、1ヶ月2本になるので、1人で、24本、使っていることになります。すると、54万人が使用していることになります。

海外では、0.9mg以上を利用している可能性もあるのですが、少なく見積もっても、40万人以上は使用しているだろうと、推測されます。

ビクトーザの発売は、2010年の6月。ちょうど、9年になります。

ですから、この40万人規模の糖尿病の患者さんたちが、9年も使用していて、発売中止になるような重篤な副作用報告はないようです。海外は、もう少し早めに発売しているので、10年選手もいるそのことです。

科学的論文(エビデンス)も、GLP-1受容体作動薬の中では、最も多いので、それについても、安全性が高い薬剤です。

ともかく、科学的に、重篤な副作用が、すごく少ない薬剤であると言えます。 これは、すなわち、「きわめて、安全性が高い薬剤である」ということと同義になります。

ビクトーザを、あるいは、サクセンダを、長く注射していて大丈夫なのでしょうか?

こういう質問を、しばしば、お受けすることが多いのですが、現時点では、長期的にも、きわめて安全性が高い薬剤です、とお答えしている理由には、こういう背景を、しっかりと、把握しているからなのです。

また、

ノボノルディスク社が情報提供として、私に提供された「添付文書の改訂のおしらせ」をみると、5%以上の副作用は、仮に、ビクトーザの最大投与量が1.8mgになったとしても、悪心、と、便秘、だけであり、その他の副作用は、5%未満であることがわかります。

悪心については、ビクトーザもサクセンダも、投与量を減らせば、改善するはずです。 便秘については、当院では、ゼニカルの服用を、お奨めしています。これは、世界標準のガイドライン(NICE )に掲載されています。

よって、安全性も担保しつつ、副作用に対しても、しっかりと、解決策(Solution)を提案しつつ、あくまで、「臨床」としての、正当派的な医療を、行っているので、ご安心ください。

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食