• clinic94

ビクトーザの売上から安全性を考える !

世界で、糖尿病治療薬としての、GLP-1受容体作動薬としては、 47%が、ビクトーザで、年間3900億円ほどのようです。 (あるメディアによると。。)

世界で金額が異なるので、何本かは、一概にはいえないにしても、 仮に1本3万円だとして(アメリカでは、1本10万円)、 13.000.000本、つまり、1千300万本が発売されているという計算になります。

1千3000万本というわけではないですが、仮に、12か月使っていると仮定すると、 0.9mgで計算すると、1ヶ月2本になるので、1人で、24本、使っていることになります。すると、54万人が使用していることになります。

海外では、0.9mg以上を利用している可能性もあるのですが、少なく見積もっても、40万人以上は使用しているだろうと、推測されます。

ビクトーザの発売は、2010年の6月。ちょうど、9年になります。

ですから、この40万人規模の糖尿病の患者さんたちが、9年も使用していて、発売中止になるような重篤な副作用報告はないようです。海外は、もう少し早めに発売しているので、10年選手もいるそのことです。

科学的論文(エビデンス)も、GLP-1受容体作動薬の中では、最も多いので、それについても、安全性が高い薬剤です。

ともかく、科学的に、重篤な副作用が、すごく少ない薬剤であると言えます。 これは、すなわち、「きわめて、安全性が高い薬剤である」ということと同義になります。

ビクトーザを、あるいは、サクセンダを、長く注射していて大丈夫なのでしょうか?

こういう質問を、しばしば、お受けすることが多いのですが、現時点では、長期的にも、きわめて安全性が高い薬剤です、とお答えしている理由には、こういう背景を、しっかりと、把握しているからなのです。

また、

ノボノルディスク社が情報提供として、私に提供された「添付文書の改訂のおしらせ」をみると、5%以上の副作用は、仮に、ビクトーザの最大投与量が1.8mgになったとしても、悪心、と、便秘、だけであり、その他の副作用は、5%未満であることがわかります。

悪心については、ビクトーザもサクセンダも、投与量を減らせば、改善するはずです。 便秘については、当院では、ゼニカルの服用を、お奨めしています。これは、世界標準のガイドライン(NICE )に掲載されています。

よって、安全性も担保しつつ、副作用に対しても、しっかりと、解決策(Solution)を提案しつつ、あくまで、「臨床」としての、正当派的な医療を、行っているので、ご安心ください。

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トップフォロワーが医療関係者達

https://twitter.com/drsuzuki006 私のTwitterの、フォロワーのトップが、「ケアネット」(公式サイト)。医療関係者が集まる専門サイトです。つまり、医療関係者にフォローされている人にフォローされている? という事は、医療関係者の関心が高い内容を情報発信しているという事になるのでしょう。 当院のGLP1ダイエット外来を訪れるのは、ナース、女性医師、保健師、薬剤師、介護

食欲が低下しすぎて嫌、低下しすぎて良い薬!

未来の抗肥満薬のお話をします。既に、臨床試験には入っていて、糖尿病専門医の最先端の医師達は、処方経験がある薬剤です。もちろん、私も処方経験があります。ですが、どの新薬なのかは、公開はできません。 その新薬を投薬すると、2つの反応に分かれます。それが、 食欲が低下しすぎて嫌。続けたくない。  という方々と、 食欲が低下してちょうど良い。体重も減ってくるのでありがたい。 という方々です。 もちろん、後

18日から28日まで、年末限定! AGA.sale

男性型脱毛症(AGA)の治療薬、フィナステリドを、サクセンダと同時に購入の方のみ、超格安価格で、お届けいたします。価格表は以下のサイトをご覧ください。 AGA 男性 脱毛 HDC アトラス クリニック 千代田区 予防 最安値 https://www.aga.sale/ 他のサイトで購入される場合の、半額以下になっていると考えます。ただし、既に、フィナステリドを服用されている方に限定させていただきま