• clinic94

臨床医が、治療方針を活字として残す事の意義

GLP1ダイエットに限らず、「減量を指導する」という医療行為は、 内科の一般外来、糖尿病の外来、すべて、私たち内科医師にとっては、大切な「医療行為」です。

そして、「医療行為」には、ガイドラインがあったり、その医師が考える治療方針があるものです。特に、「内科」の場合には、手先の器用さは関係なく、頭の中の思考パターンや、目的、論理性、倫理観、過去の学習の蓄積、それをいかに実臨床で反映できているか、などが、患者さんたちにとっては、とても重要な判断因子だと、私は考えてます。

私が過去に、約70冊以上の書籍を、出版してきたのも、私自身の、「治療方針」を、事前に書籍というメディアによって、受診者の皆さんに、事前学習しておいてもらうと、いうのが、目的でした。

書籍を読んできてもらうと、最初に会話するときでも、お互いに理解が深いものになり、会話も、ディープな会話になるので、時間的効率もよく、治療も成功しやすくなる、というこれまでの医師としての経験からよるものです。

実際、「臨床(プラクティス)」は、患者さん個別に判断しなくてはいけない事柄が多いのですが、それにしても、通常の判断は、きちんとエビデンスか、あるいは、その臨床医の経験にのっとっているものでなくてはなりません。私が、こういうブログという形で、活字を残しているのも、そのため、、です。

そこで、こういうブログを将来は書籍なり(紙、あるいは、デジタル書籍)として、販売することも考えておりますし、iphone apliの、「iryoo.com」、の中の、コンテンツとして、広く残していくことも考えております。

すでに、ビクトーザについては、過去に書籍を出版してました。 特に、ビクトーザについて説明している書籍は、





一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

これらに、しっかり、GLP1受容体作動薬、つまり、糖尿病の治療薬のGLP1の処方術を記載してあるので、ぜひ、お読みください。

いずれにしても、まじめに臨床行為、医療行為を行っている内科医師であれば、自分の臨床レベルを、広く告知するには、今は、ネットか、そして、書籍も、よいメディアではあります。なので、ぜひ、書店で、GLP1ダイエットを正しく行う方法、というようなタイトルの本がでないだろうか、もし、誰も出版しないなら、私が書こうかどうか、今、こうやってブログを整理しているところです。

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

Mixi に正式に参画、計画中

https://mixi.jp/home.pl 動画コンテンツや、日記などのブログcontentsは、あの懐かしいMIXIにまで、波及させていこうかな、と思っております。そのうちに、「コミュニティ」を作る予定です。 ぜひ、それができたら、ご案内いたします。 年内には、完成させる予定ですので、ご期待ください。 Mixiなんて、誰も使ってないんじゃないの? と、思われるかもしれませんが、ダイエットは基

インスタで、GLP1ダイエットを学習

インスタで、学習できるようにと、新たに、インスタ画面を作成しました。 主たる制作者は、当院の、GLP1担当ナースたちが作成していきます。 これまで、なかなか、インスタで系統的な学習をするというツールがなかったので、あえて、作成してみました。当院のナースが主体なので、応援のほど、よろしくお願いいたします。

May God Bless Donald Trump

この講演を聴くと、トランプがいなくなるのは、さみしい気持ちがしないでもないです。 社会の枠組みにとらわれず、独自の思想を元に行動するをアウトサイダーと呼びます。自分の信念を最後まで信じ、時には己の強い信念で他人から攻撃される場合も多いです。トランプ大統領はこの祝辞で、「そのようなアウトサイダーになれ」と言います。 [英語モチベーション] 誰が世界を変えるのか | 2017年度リバティ大学卒業祝辞|