• clinic94

臨床医が、治療方針を活字として残す事の意義

GLP1ダイエットに限らず、「減量を指導する」という医療行為は、 内科の一般外来、糖尿病の外来、すべて、私たち内科医師にとっては、大切な「医療行為」です。

そして、「医療行為」には、ガイドラインがあったり、その医師が考える治療方針があるものです。特に、「内科」の場合には、手先の器用さは関係なく、頭の中の思考パターンや、目的、論理性、倫理観、過去の学習の蓄積、それをいかに実臨床で反映できているか、などが、患者さんたちにとっては、とても重要な判断因子だと、私は考えてます。

私が過去に、約70冊以上の書籍を、出版してきたのも、私自身の、「治療方針」を、事前に書籍というメディアによって、受診者の皆さんに、事前学習しておいてもらうと、いうのが、目的でした。

書籍を読んできてもらうと、最初に会話するときでも、お互いに理解が深いものになり、会話も、ディープな会話になるので、時間的効率もよく、治療も成功しやすくなる、というこれまでの医師としての経験からよるものです。

実際、「臨床(プラクティス)」は、患者さん個別に判断しなくてはいけない事柄が多いのですが、それにしても、通常の判断は、きちんとエビデンスか、あるいは、その臨床医の経験にのっとっているものでなくてはなりません。私が、こういうブログという形で、活字を残しているのも、そのため、、です。

そこで、こういうブログを将来は書籍なり(紙、あるいは、デジタル書籍)として、販売することも考えておりますし、iphone apliの、「iryoo.com」、の中の、コンテンツとして、広く残していくことも考えております。

すでに、ビクトーザについては、過去に書籍を出版してました。 特に、ビクトーザについて説明している書籍は、





一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

これらに、しっかり、GLP1受容体作動薬、つまり、糖尿病の治療薬のGLP1の処方術を記載してあるので、ぜひ、お読みください。

いずれにしても、まじめに臨床行為、医療行為を行っている内科医師であれば、自分の臨床レベルを、広く告知するには、今は、ネットか、そして、書籍も、よいメディアではあります。なので、ぜひ、書店で、GLP1ダイエットを正しく行う方法、というようなタイトルの本がでないだろうか、もし、誰も出版しないなら、私が書こうかどうか、今、こうやってブログを整理しているところです。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トップフォロワーが医療関係者達

https://twitter.com/drsuzuki006 私のTwitterの、フォロワーのトップが、「ケアネット」(公式サイト)。医療関係者が集まる専門サイトです。つまり、医療関係者にフォローされている人にフォローされている? という事は、医療関係者の関心が高い内容を情報発信しているという事になるのでしょう。 当院のGLP1ダイエット外来を訪れるのは、ナース、女性医師、保健師、薬剤師、介護

食欲が低下しすぎて嫌、低下しすぎて良い薬!

未来の抗肥満薬のお話をします。既に、臨床試験には入っていて、糖尿病専門医の最先端の医師達は、処方経験がある薬剤です。もちろん、私も処方経験があります。ですが、どの新薬なのかは、公開はできません。 その新薬を投薬すると、2つの反応に分かれます。それが、 食欲が低下しすぎて嫌。続けたくない。  という方々と、 食欲が低下してちょうど良い。体重も減ってくるのでありがたい。 という方々です。 もちろん、後

18日から28日まで、年末限定! AGA.sale

男性型脱毛症(AGA)の治療薬、フィナステリドを、サクセンダと同時に購入の方のみ、超格安価格で、お届けいたします。価格表は以下のサイトをご覧ください。 AGA 男性 脱毛 HDC アトラス クリニック 千代田区 予防 最安値 https://www.aga.sale/ 他のサイトで購入される場合の、半額以下になっていると考えます。ただし、既に、フィナステリドを服用されている方に限定させていただきま