• clinic94

糖尿病臨床に役立つ、GLP1ダイエットの臨床術

私の外来では、HbA1cが、6.5% 以下の患者さんたちが、たくさん、おられます。 昨日は、たまたま、だったのかもしれませんが、 HbA1cが6.5% 以下の患者さんが、8割以上にも、なりました。

もちろん、糖尿病の新薬の進歩、特に、SGLT2阻害剤の登場によって、 糖尿病の臨床は、比較的、シンプルになり、血糖コントロールの維持、特に、空腹時血糖値の安定が、楽になったことが背景にあります。

ところが、HbA1cが7% 以下、特に、6.5% 以下で、SGLT2阻害剤を投薬すると、かなりの確率で、「体重が増えてしまう」、か、「体重減少が止まってしまう」という肥満患者さんが多いのです。

HbA1cが、6.5% 以下であれば、将来の、糖尿病合併症の懸念はなくなります。

心配するのは、血管合併症、特に、肥満関連疾患だけ、というのが、糖尿病の臨床現場の、現実になっているわけです。

糖尿病学会の目標値は7% 以下ですが、特に、本当に「糖尿病専門医のプロ」の外来では、7% 以下、たとえば、6.8%でも、「まだ高い」と、言われる方々が、本当に多いわけです。

そういう患者さんたちの「関心事」は、本当に「減量だけ」になってしまっています。

体重が1kg、減れば、HbA1cが、0.1%さがる。 そういう単純なアルゴリズムを、外来で話をするだけ、なのです。

となると、糖尿病の臨床は、もはや、HbA1cを下げるだけでいい、ということは、絶対に、そうならなくなるはずなのです。

おそらく、こういう潮流は世界中で始まっているはずなのです。 だから、私たちのダイエットは、「GLP1世界標準ダイエット」と 命名したいと、考えました。

世の中には、「GLP1メディカルダイエット」と、呼んでいる人が多いですが、医師が処方するのですから、「メディカル」であるに、きまってます。

大事なことは、本当に「世界の標準になるように、と」、どれくらい、その担当医師が勉強しているか、だろう、と思うわけなのです。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トップフォロワーが医療関係者達

https://twitter.com/drsuzuki006 私のTwitterの、フォロワーのトップが、「ケアネット」(公式サイト)。医療関係者が集まる専門サイトです。つまり、医療関係者にフォローされている人にフォローされている? という事は、医療関係者の関心が高い内容を情報発信しているという事になるのでしょう。 当院のGLP1ダイエット外来を訪れるのは、ナース、女性医師、保健師、薬剤師、介護

食欲が低下しすぎて嫌、低下しすぎて良い薬!

未来の抗肥満薬のお話をします。既に、臨床試験には入っていて、糖尿病専門医の最先端の医師達は、処方経験がある薬剤です。もちろん、私も処方経験があります。ですが、どの新薬なのかは、公開はできません。 その新薬を投薬すると、2つの反応に分かれます。それが、 食欲が低下しすぎて嫌。続けたくない。  という方々と、 食欲が低下してちょうど良い。体重も減ってくるのでありがたい。 という方々です。 もちろん、後

18日から28日まで、年末限定! AGA.sale

男性型脱毛症(AGA)の治療薬、フィナステリドを、サクセンダと同時に購入の方のみ、超格安価格で、お届けいたします。価格表は以下のサイトをご覧ください。 AGA 男性 脱毛 HDC アトラス クリニック 千代田区 予防 最安値 https://www.aga.sale/ 他のサイトで購入される場合の、半額以下になっていると考えます。ただし、既に、フィナステリドを服用されている方に限定させていただきま