• clinic94

糖尿病臨床に役立つ、GLP1ダイエットの臨床術

私の外来では、HbA1cが、6.5% 以下の患者さんたちが、たくさん、おられます。 昨日は、たまたま、だったのかもしれませんが、 HbA1cが6.5% 以下の患者さんが、8割以上にも、なりました。

もちろん、糖尿病の新薬の進歩、特に、SGLT2阻害剤の登場によって、 糖尿病の臨床は、比較的、シンプルになり、血糖コントロールの維持、特に、空腹時血糖値の安定が、楽になったことが背景にあります。

ところが、HbA1cが7% 以下、特に、6.5% 以下で、SGLT2阻害剤を投薬すると、かなりの確率で、「体重が増えてしまう」、か、「体重減少が止まってしまう」という肥満患者さんが多いのです。

HbA1cが、6.5% 以下であれば、将来の、糖尿病合併症の懸念はなくなります。

心配するのは、血管合併症、特に、肥満関連疾患だけ、というのが、糖尿病の臨床現場の、現実になっているわけです。

糖尿病学会の目標値は7% 以下ですが、特に、本当に「糖尿病専門医のプロ」の外来では、7% 以下、たとえば、6.8%でも、「まだ高い」と、言われる方々が、本当に多いわけです。

そういう患者さんたちの「関心事」は、本当に「減量だけ」になってしまっています。

体重が1kg、減れば、HbA1cが、0.1%さがる。 そういう単純なアルゴリズムを、外来で話をするだけ、なのです。

となると、糖尿病の臨床は、もはや、HbA1cを下げるだけでいい、ということは、絶対に、そうならなくなるはずなのです。

おそらく、こういう潮流は世界中で始まっているはずなのです。 だから、私たちのダイエットは、「GLP1世界標準ダイエット」と 命名したいと、考えました。

世の中には、「GLP1メディカルダイエット」と、呼んでいる人が多いですが、医師が処方するのですから、「メディカル」であるに、きまってます。

大事なことは、本当に「世界の標準になるように、と」、どれくらい、その担当医師が勉強しているか、だろう、と思うわけなのです。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重