• clinic94

毎日、減量の話題を話しているのは糖尿病専門医です。

このような世界が現実になってくると、

毎日、体重の話をしているのは、当然、美容外科ではなく、糖尿病専門医、ということになるわけです。

糖尿病専門医が、目標とするのは、「減量」だけ、となってしまいます。こういう外来、患者さんと医師との、やりとり、を、毎日、毎日、行っているわけで、当院のHbA1cが、他と比較し、ダントツによいから、日本国中だけでなく、海外いからも、糖尿病患者さんが、押し寄せてきてくれます。

こうなると、本当に、外来での、内科医師としての、「腕のみせどころ」は、「いかに減量して、その結果として、HbA1cをさげていくか」というテーマに変わっていくわけです。

実際、GLP1ダイエットの発想を、糖尿病臨床に転用して、すごく、血糖コントロールが良好になる患者さんたちが、続出しています。ですから、私としては、GLP1ダイエット外来は、「糖尿病の臨床という、本業の延長線上にある、新しい治療に挑戦している」という意思をもって、外来をしているだけ、なのです。

当院の外来にきて、まだ、HbA1cが、さがっておられない患者さんも、たくさん、おられるので、そういう方が、このブログを読まれると、「嘘」、と思われる方もおられるかもしれません。

しかし、少なくとも、当院に1年以上、通院されていて、かつ、インスリン注射をされておらない糖尿病患者さんは、ほとんどの方が、私の、こういう臨床医、内科医としての志を支持してくれると、考えています。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トップフォロワーが医療関係者達

https://twitter.com/drsuzuki006 私のTwitterの、フォロワーのトップが、「ケアネット」(公式サイト)。医療関係者が集まる専門サイトです。つまり、医療関係者にフォローされている人にフォローされている? という事は、医療関係者の関心が高い内容を情報発信しているという事になるのでしょう。 当院のGLP1ダイエット外来を訪れるのは、ナース、女性医師、保健師、薬剤師、介護

食欲が低下しすぎて嫌、低下しすぎて良い薬!

未来の抗肥満薬のお話をします。既に、臨床試験には入っていて、糖尿病専門医の最先端の医師達は、処方経験がある薬剤です。もちろん、私も処方経験があります。ですが、どの新薬なのかは、公開はできません。 その新薬を投薬すると、2つの反応に分かれます。それが、 食欲が低下しすぎて嫌。続けたくない。  という方々と、 食欲が低下してちょうど良い。体重も減ってくるのでありがたい。 という方々です。 もちろん、後

18日から28日まで、年末限定! AGA.sale

男性型脱毛症(AGA)の治療薬、フィナステリドを、サクセンダと同時に購入の方のみ、超格安価格で、お届けいたします。価格表は以下のサイトをご覧ください。 AGA 男性 脱毛 HDC アトラス クリニック 千代田区 予防 最安値 https://www.aga.sale/ 他のサイトで購入される場合の、半額以下になっていると考えます。ただし、既に、フィナステリドを服用されている方に限定させていただきま