• clinic94

マゾヒスティックな治療かも。食欲のSMを自覚する。

ビデュリオンでは、食欲を抑えられないけど、ビクトーザにしたほうが、 食事のたびごとに、食べられない自分を創ることができるので、 痩せやすいのかもしれません。

ある糖尿病の患者さんから、ビディリオンから、 ビクトーザへと変更してみた後、

すごく血糖コントロールが改善して、 「先生、これって、マゾヒスティックな治療ですよね?」 と、言われたことがあります。

そうなんです。

「いじめる自分」がいて、もう一方で「いじめられる自分」を、あえて作る、 という作業を行い、その結果、食欲を抑えられてしまっている自分をあえて楽しむ、ことになります。そして、食欲が抑えられて、血糖値がさがり、体重が減るほうが嬉しい、という感覚がでてきます。食欲のSM的感覚を、あえて作るという意識がでます。

「いじめられる自分を、喜ぶ」わけですから、それを、「マゾヒスティック」、「SM的」という感覚にとらえられたのだろうと思います。

もともと、ビヂュリオンでも、血液中のGLP1濃度が飽和する10週目頃には、そういう感じが浮かんできているはずなのですが、それが、一定になると、日々の食欲においては、ゆっくりしたブレーキがいつもかかっていて、しかも、そのブレーキが緩んでいるような気がして、ついつい、食べてしまっていたようです。

同じGLP-1受容体作動薬でも、1週間製剤ではなく、1日製剤である、ビクトーザを、日々、注射することで、1回ごとの食事に、「自分で自分を食べられないように、いじめて、それを楽しむ自分」という感覚を創ることで、あえて、なだやかなブレーキではなくて、1回ごとに、アクセントがあるブレーキにしてしまうわけです。

通常、GLP1濃度の作用は、血液中濃度の高さ自体も影響がありますが、血液濃度があがる時の勾配(つまり加速度)も、影響が大きいのではないか、という学説があります。 濃度が高くなくても、急激に、GLP1濃度が高くなるような時には、「食欲抑制」を自覚しやすくなるはず、という理論です。

ですから、あえて、ビディリオンから、ビクトーザに切り替えて、それで、減量に成功するという人においては、その「GLP1濃度上昇の勾配(加速度)」に敏感に反応する人が、効きやすいのかもしれません。

さて、話は、続きます。。むしろ、ここからが面白くなります。

この議論は、学問的には、とても興味深いものなのです。なぜならば、では、それならば、今度は、オゼンピックのような1週間製剤を、もし、毎日、注射したら、どうなるか?という議論につながります。濃度も高いし、かつ、毎日、勾配を与えたら、どうなるか?という議論になるわけです。

それが、以前、ご紹介した、オゼンピックの毎日注射をした時の、抗肥満作用を示した、おどろくべき体重減少が証明され、世界中を驚かした結果につながっていきます。

「高い価格ではあるが、おそらく、最強のGLP1ダイエットであろう」ということの理屈が成立するわけなのです。きちんとした理論にもとづき、科学的根拠に、もとづいた内容であるのです。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トップフォロワーが医療関係者達

https://twitter.com/drsuzuki006 私のTwitterの、フォロワーのトップが、「ケアネット」(公式サイト)。医療関係者が集まる専門サイトです。つまり、医療関係者にフォローされている人にフォローされている? という事は、医療関係者の関心が高い内容を情報発信しているという事になるのでしょう。 当院のGLP1ダイエット外来を訪れるのは、ナース、女性医師、保健師、薬剤師、介護

食欲が低下しすぎて嫌、低下しすぎて良い薬!

未来の抗肥満薬のお話をします。既に、臨床試験には入っていて、糖尿病専門医の最先端の医師達は、処方経験がある薬剤です。もちろん、私も処方経験があります。ですが、どの新薬なのかは、公開はできません。 その新薬を投薬すると、2つの反応に分かれます。それが、 食欲が低下しすぎて嫌。続けたくない。  という方々と、 食欲が低下してちょうど良い。体重も減ってくるのでありがたい。 という方々です。 もちろん、後

18日から28日まで、年末限定! AGA.sale

男性型脱毛症(AGA)の治療薬、フィナステリドを、サクセンダと同時に購入の方のみ、超格安価格で、お届けいたします。価格表は以下のサイトをご覧ください。 AGA 男性 脱毛 HDC アトラス クリニック 千代田区 予防 最安値 https://www.aga.sale/ 他のサイトで購入される場合の、半額以下になっていると考えます。ただし、既に、フィナステリドを服用されている方に限定させていただきま