• clinic94

GLP1ダイエットで、胃酸過多になってきた時

GLP1ダイエットを始めると、胃の排泄速度が低下して、 胃の内容物が十二指腸へと移動しにくくなります。

よって、胃酸で溶けにくい食材は、胃の中に留まり、それにより、胃酸が出続けることになるわけです。

GLP1ダイエットをしていると、油脂っぽい食事が嫌いになるというのは、そういう理由です。炭水化物、蛋白質などと比較すると、油脂っぽい食材のほうが、胃酸に溶けにくいから、むかつきを起こしやすく、自然に嫌いになるのでしょう。

そういうデータは、セマグルチドの臨床データとして、海外では報告されています。ですが、報告を聞くまでもなく、自分でGLP1を注射していれば、誰でも気がつきます。

さて、胃酸過多になったら、どうすればいいのでしょうか?

以前、あるGLP1世界標準ダイエットを行っている患者さんは、知らないで、PPI(プロトンポンプインヒビター、商品名ですと、ネキシチウム、パリエット、タケプロンなど)という薬剤を服用して、胃酸を抑えてしまっていたそうです。確かにPPIを服用していると、胃酸分泌が抑えられ気分不快はとれますが、それでは、せっかくのGLP1の食欲抑止効果も減弱します。もったいないきがします。

胃粘膜を保護するつもりで、牛乳などを飲めば、今度は、牛乳に含まれるエネルギーを摂取することになり、1日のカロリーオーバーに、つながりかねません。

ということもあり、内科医師は、いろいろと、食事指導を考えるわけなのです。美容外科医師のように、「もう食事制限は、いりません」などと、儲け主義に徹した適当な「キャッチフレーズ」は、一切、使いません。「美容」という名のもとに、騙されてしまう女性は、多いのでしょうね。それが残念です。

通常は、そこまで敏感な人は少ないのですが、私は、処方する側なので、もし、そういうことに敏感な受診者がいたら、どうするかは、常に考えています。

ゼロカロリーで、飲んで胃がすっきりして、胃酸過多にも対応できる飲み物か、食べ物、、という条件を満たす食材は、あるようで、なかなか無いものです。

ふと思い立って、アクエリアスゼロという、スポーツ飲料のアクエリアスの、カロリーゼロの飲料水を、購入してみました。実は、これは、スポーツ飲料の中では、カロリーがないという意味で、ポカリスエットとは正反対で、糖尿病の患者さんにも、よく、勧めていた飲料水です。

ビクトーザを注射して、食事をして、横になって、少し胃酸がでてきて、つらくなりそうなタイミングで、アクエリアスゼロを飲んでみると、意外と、その瞬間は、胃がすっきりします。そして、その効果は長持ちします。500mlの水分補給にもなるので、また、胃がはり、満腹感も、やや増強されます。ガスターよりは、こちらの対処法のほうが、合理的のような気がします。

他にも、GLP1ダイエットで、胃酸過多によって、脱落しそうになる場合に、どういう対処法がいいのか、検討し、適切な対応策は、まだ、完全には、見つかってはいません。ただ、もともと、胃の排出速度が高いから肥満しているという女性が多いことからも、逆流性食道炎になる女性は、少ないようです。排出速度が高いから、やや、元にもどり、正常になった、だから、副作用は少ない、、という女性の方々が多いようです。

ただ、糖尿病の臨床では、そこまでの症状があると、すぐ中止して、他の薬剤に変えるので、それほど、この問題は困ってはおらず、日常臨床での支障には、なっておりません。切り抜ける内科的手法は、沢山、あります。保険がきく臨床の枠内で、いろんな手があります。

ところが、GLP1ダイエットでは、今のところ、ビクトーザしか処方できない、という点が、その意味で、他のGLP1受容体作動薬などへの切り替えがきかない、という理由において、困っているというだけです。

どうしても、、、という場合には、今、注射しているビクトーザの用量を、一度、見直し、少し少なめの量にして、注射しつづけます。たとえば、1.5mgなら、いったん、1.2mgに減らします。

そして、胃酸過多が起こらないような食事にするように気をつけて、その生活になれたら、再び、投与量を増やしていくのが、望ましい臨床術かもしれません。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トップフォロワーが医療関係者達

https://twitter.com/drsuzuki006 私のTwitterの、フォロワーのトップが、「ケアネット」(公式サイト)。医療関係者が集まる専門サイトです。つまり、医療関係者にフォローされている人にフォローされている? という事は、医療関係者の関心が高い内容を情報発信しているという事になるのでしょう。 当院のGLP1ダイエット外来を訪れるのは、ナース、女性医師、保健師、薬剤師、介護

食欲が低下しすぎて嫌、低下しすぎて良い薬!

未来の抗肥満薬のお話をします。既に、臨床試験には入っていて、糖尿病専門医の最先端の医師達は、処方経験がある薬剤です。もちろん、私も処方経験があります。ですが、どの新薬なのかは、公開はできません。 その新薬を投薬すると、2つの反応に分かれます。それが、 食欲が低下しすぎて嫌。続けたくない。  という方々と、 食欲が低下してちょうど良い。体重も減ってくるのでありがたい。 という方々です。 もちろん、後

18日から28日まで、年末限定! AGA.sale

男性型脱毛症(AGA)の治療薬、フィナステリドを、サクセンダと同時に購入の方のみ、超格安価格で、お届けいたします。価格表は以下のサイトをご覧ください。 AGA 男性 脱毛 HDC アトラス クリニック 千代田区 予防 最安値 https://www.aga.sale/ 他のサイトで購入される場合の、半額以下になっていると考えます。ただし、既に、フィナステリドを服用されている方に限定させていただきま