• clinic94

GLP1ダイエット、plus ゼニカル、が世界標準!

「GLP1治療と、ゼニカルの併用は、国際的ガイドラインでも推奨されている併用治療」となり、それを、どうどうと行うのは、当院が日本で最初となります。

私たちのしるところ、他のGLP1ダイエットを行っている医療施設では、行っていないようです。

それどころか、国際的ガイドラインを無視して、ゼニカルを頭ごなしに否定している、学者としては無知な医師もいるようです。

GLP1ダイエットでさがりきった時点で、-2kg、の体重減少が、どれほど、貴重な効果なのか、さっぱりわかっていないようです。

ちなみに、私はゼニカルと類似薬剤の、武田薬品が施行した「オブリーン」の治験に参加しました。結果には、かなりの個人差があり、-10kg減量に成功した人も数名おりました。

でも、油が便にでるから、いいや、と思って食べてしまった人は太りました。つまり、統計的にも科学的にも、オブリーンの場合、体重減少のSD(標準偏差)が、かなり幅広い薬剤なのです。

ですから、マジメにおこなった人は、すごくやせるけど、そうでない人は、油断して食べてしまって太るという性格をもつ薬物治療法なのです。

つまり、体重減少の絶対値の平均値で判断してはいけないのです。

なので、真面目にダイエットすれば、相当、やせれる薬剤なのだからこそ、国際的にも承認され、世界中で発売されています。

無知な学者は、処方経験もなければ、そういう社会的背景、薬剤特性を理解できないようです。

世界中で4000万人の肥満を気にする人が服薬している、という実績が本当であれば、そんな悪い薬であるはずがありません。

アメリカでも、ドイツでも、台湾でも、香港でも、薬局で手にはいる、とても安全な薬剤なのですから。。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トップフォロワーが医療関係者達

https://twitter.com/drsuzuki006 私のTwitterの、フォロワーのトップが、「ケアネット」(公式サイト)。医療関係者が集まる専門サイトです。つまり、医療関係者にフォローされている人にフォローされている? という事は、医療関係者の関心が高い内容を情報発信しているという事になるのでしょう。 当院のGLP1ダイエット外来を訪れるのは、ナース、女性医師、保健師、薬剤師、介護

食欲が低下しすぎて嫌、低下しすぎて良い薬!

未来の抗肥満薬のお話をします。既に、臨床試験には入っていて、糖尿病専門医の最先端の医師達は、処方経験がある薬剤です。もちろん、私も処方経験があります。ですが、どの新薬なのかは、公開はできません。 その新薬を投薬すると、2つの反応に分かれます。それが、 食欲が低下しすぎて嫌。続けたくない。  という方々と、 食欲が低下してちょうど良い。体重も減ってくるのでありがたい。 という方々です。 もちろん、後

18日から28日まで、年末限定! AGA.sale

男性型脱毛症(AGA)の治療薬、フィナステリドを、サクセンダと同時に購入の方のみ、超格安価格で、お届けいたします。価格表は以下のサイトをご覧ください。 AGA 男性 脱毛 HDC アトラス クリニック 千代田区 予防 最安値 https://www.aga.sale/ 他のサイトで購入される場合の、半額以下になっていると考えます。ただし、既に、フィナステリドを服用されている方に限定させていただきま