• clinic94

糖尿病の治療のほうが、プロならやさしいかも。

HbA1cは改善している。 甘いもの、ほしくて、しょうがない。 食べても、6.3%なので、 安心感があるので、たべてしまう。

それでいて、全然、ふとりもしない。

これまで、こういう状況で、私が、処方していたのは、 GLP-1受容体作動薬でも、ビディリオン、が中心でした。

ビディリオンの処方は、私が、すべての日本の国内、クリニック、大学病院、総合病院をも含めた医療施設の糖尿病専門医の中でも、トップシェアだそうです(あるいは、譲っても2番目以内)。1医師、個人の処方が、かなりの大学病院の処方を、はるかに、おいぬいているとのことです。ただ、世界レベルでは、ビディリオンは売上をのばしております。

なので、、私は、世界では、スタンダードな医療を行っているという自負はあります。

そして、糖尿病治療では血糖コントロールがよくて、体重は、そこそこ、で 満足してもらえるので、プロ(糖尿病専門医)にとっては、かえって、 治療は、やさしく感じるくらいです。

ですから、、 GLP1ダイエット外来のほうが、自由診療枠内の診療ですし、 よほど、神経を使うし、気をつかい、ます。

私の外来で、サクセンダが処方できるようになれば、あるいは、将来、オゼンピックが発売されれば、Dual GIP & GLP アゴニストが発売されれば、 この状況が、これまでの、私の処方の中から、ビディリオンから、そうした薬剤に変更されていくだけなのです。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トップフォロワーが医療関係者達

https://twitter.com/drsuzuki006 私のTwitterの、フォロワーのトップが、「ケアネット」(公式サイト)。医療関係者が集まる専門サイトです。つまり、医療関係者にフォローされている人にフォローされている? という事は、医療関係者の関心が高い内容を情報発信しているという事になるのでしょう。 当院のGLP1ダイエット外来を訪れるのは、ナース、女性医師、保健師、薬剤師、介護

食欲が低下しすぎて嫌、低下しすぎて良い薬!

未来の抗肥満薬のお話をします。既に、臨床試験には入っていて、糖尿病専門医の最先端の医師達は、処方経験がある薬剤です。もちろん、私も処方経験があります。ですが、どの新薬なのかは、公開はできません。 その新薬を投薬すると、2つの反応に分かれます。それが、 食欲が低下しすぎて嫌。続けたくない。  という方々と、 食欲が低下してちょうど良い。体重も減ってくるのでありがたい。 という方々です。 もちろん、後

18日から28日まで、年末限定! AGA.sale

男性型脱毛症(AGA)の治療薬、フィナステリドを、サクセンダと同時に購入の方のみ、超格安価格で、お届けいたします。価格表は以下のサイトをご覧ください。 AGA 男性 脱毛 HDC アトラス クリニック 千代田区 予防 最安値 https://www.aga.sale/ 他のサイトで購入される場合の、半額以下になっていると考えます。ただし、既に、フィナステリドを服用されている方に限定させていただきま