• clinic94

αGIが、ダイエットに効きません。

ある医療系のサイトに、ダイエット向けの、「医療ダイエット」として αグルコシダーゼ阻害剤(αGIと略します)の名称がありました。

即座に「嘘」と思ったのですが、しかたなく、論文を調べたら、 2002年に1個だけ該当論文(Letter)がありました。

The effect of miglitol on glucagon-like peptide-1 secretion and appetite sensation in obese type 2 diabetics Diabetes, Obesity and Metabolism, 4: 2002, 329-335, の1ページのみです。

要約すると、8名の肥満2型糖尿病患者にαグルコシダーゼ阻害剤の1剤であるミグリトール(商品名、セイブル)を投与したところ、食後のGLP1濃度が高値になり、食事からの摂取エネルギーが12%減少した、食欲も多少抑えられた、という内容でした。しかも、観察期間は、たったの3日間!!。科学的論文としては、あり得ないデータだとは思うのですが、original article(つまり原著論文)扱いになっていました。

あくまで、本来、GLP1濃度が高くないとされる2型糖尿病患者に対して、ちっとは有効なデータということです。

これが、一般の肥満患者に対して有効とは、どこにも記載されていません。

その意味では、私が「嘘」、と最初に考えたのは、間違いではなかったようです。 論文がゼロではないことは確認しましたが、やはり、 もともと「嘘」だと思っていたら、そうでした。

こういう医療行為が、美容の世界では通用してしまうから、怖いと思います。ただ、この記載があるのは、ある美容関係のサイト1個だけでした。ほとんど無害なのかもしれません。バックに大きな組織があると、信用してしまう、ということだけなのでしょう。読者の皆さんは、注意されてください。

サプリ、ビタミン、αGI(食後の血糖を抑える成分として、実は有名な成分)、などが、ダイエットの世界には普通に横行してますし、それをとるかとらないかは、消費者の自己責任になります。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トップフォロワーが医療関係者達

https://twitter.com/drsuzuki006 私のTwitterの、フォロワーのトップが、「ケアネット」(公式サイト)。医療関係者が集まる専門サイトです。つまり、医療関係者にフォローされている人にフォローされている? という事は、医療関係者の関心が高い内容を情報発信しているという事になるのでしょう。 当院のGLP1ダイエット外来を訪れるのは、ナース、女性医師、保健師、薬剤師、介護

食欲が低下しすぎて嫌、低下しすぎて良い薬!

未来の抗肥満薬のお話をします。既に、臨床試験には入っていて、糖尿病専門医の最先端の医師達は、処方経験がある薬剤です。もちろん、私も処方経験があります。ですが、どの新薬なのかは、公開はできません。 その新薬を投薬すると、2つの反応に分かれます。それが、 食欲が低下しすぎて嫌。続けたくない。  という方々と、 食欲が低下してちょうど良い。体重も減ってくるのでありがたい。 という方々です。 もちろん、後

18日から28日まで、年末限定! AGA.sale

男性型脱毛症(AGA)の治療薬、フィナステリドを、サクセンダと同時に購入の方のみ、超格安価格で、お届けいたします。価格表は以下のサイトをご覧ください。 AGA 男性 脱毛 HDC アトラス クリニック 千代田区 予防 最安値 https://www.aga.sale/ 他のサイトで購入される場合の、半額以下になっていると考えます。ただし、既に、フィナステリドを服用されている方に限定させていただきま