• clinic94

トルリシティは糖尿病治療には適した薬剤

GLP-1受容体作動薬の1週間製剤である、トルリシティは、 糖尿病治療では、高血糖があれば、あるほど、よく効果を示します。 4週間ほどで、空腹時血糖値は、とても、よく下がる薬剤です。

ただ、もし糖尿病があると、血糖が改善する時には、尿糖がへることにより、体重が増える場合もあるわけです。ですから、トルリシティは、「糖尿病の治療薬」としては、適切な薬剤であるが、「抗肥満薬」としては、不適切、という場合も、少なくはありません。

臨床試験では、糖尿病では、HbA1cが8%から、6.5%まで下げる強い効果があります。ちょうど、HbA1cが8%というと、体重が減少してもおかしくない高血糖状態です。そういう状態から、HbA1c6.5%に、さげることで、体重の減少がとまり、膵臓からのインスリン分泌も増えることにより、脂肪合成が高まり、体重が増えることもありえるわけです。

ただし、トルリシティには、 1.アテオスという装置の使い方に要する時間は、平均7.4分。 2.ビクトーザのように減増法を行う必要がない。 3.悪心(約5%くらい)が発現してから、その後、低下するまでは、約2週間程度。 という特徴があるので、初期の導入には、とても、シンプルで、とっかかりやすい薬剤ではあります。 4.なお、便秘も5%くらいあります。

悪心の持続期間の中央値は、2.0日(平均値4.4日) 嘔吐の持続期間の中央値は、1.0日(平均値1.3日) ということです。

ただし、これを、GLP1タキフィラキシーと定義するかどうかは難しいです。もともとの投与量が欧米人の半量の、0.75mgだからです。

ただ、これだけを考えると、比較的、高齢者に処方したとしても、危険が少ない薬剤であるともいえることでしょう。

そして、一部の論文には、他の薬剤と比較して、体重の減少幅が小さかった、例えば、セマグルチドと比較して、小さかったとして比較されています。ここだけ聞くと、あたかも、トルリシティにも体重減少作用があるかのように、聞こえてしまいます。 また、トルリシティの投与量の違いも、かき消されていることも、忘れ去られてしまっています。

(続く)

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

スライディングボードエクササイズ

180cm 230cm 2サイズがあります。 通常は、180cmで、十分だと思います。 230cmができる人が身長が高い人、体格が大きい人、アスリートを目ざす人だけのようです。 シューズカバーが、ありますが、あえて、靴をはかないで、素足でも、できます。 持ち運びやすい 場所をとる時だけとるけど、しまいやすい、です。 外来の患者さんたちに、コロナ禍で、御薦めできるツールのひとつです。

GLP1効果が継続している時の、秋の心境とは

食べる気がしない。 食べなくてはいけない、というきにはならない。 でも、食べ始めると食べてしまう。 結構、入る。食べちゃう。 以前と同じ量は食べられてしまう。 お腹いっぱいには、なったという感じには、ならないが、満足感はある。 ちょっとだけ食べてもいいかな、という感じ。 でも、これだと食べてしまう。 ここで、食事の回数を減らそうと思った人はやせることができる。 回数を減らさなければ、痩せない。 G

インナーマッスルは、ダイエット向きではない!

肩や腰がいたくて、インナーマッスル治療をうける方たちがいます。 電気で、筋肉を強制的に振動させるのですから、その筋肉周囲の血流はよくなり、気持ちがよくなることもあるかもしれません。 確かに、インナーマッスルの治療をうけた後、 インナーマッスルの器具を購入し、自宅で治療をした後、 腰痛が軽くなった、などという患者さんは存在します。 ですが、「筋肉が振動しただけ」では、ダイエット効果になるはずがありま