• clinic94

トルリシティでは痩せる?嘘?!誤解が渦巻いてます。

トルリシティ(1週間に1回のGLP1注射)では、ビクトーザからみると、かなり、短期間の観察期間しかない臨床試験があるようです。

糖尿病の臨床で、トルリシティで、体重が激減した、という患者さんは、ほとんど、覚えがありません。まして、日本では、トルリシティの、0.75mgしか、認可されておらず、この量だと、注射して3日目くらいに、GLP1の血中濃度はピークになりますが、 注射して、5日目、6日目には、すーと、食欲抑制効果が減弱してしまい、また、食べたくなって、せっかく、最初の3日分で食欲低下で減量した分、5日目、6日目で、食べて、元に戻りやすくなってしまうから、だろうと、私は、そう考えてます。

もちろん、私も、トルリシティは注射してみたことがありますが、 あまりにも、1週間の中で、食欲抑制の、Up Downがあるので、 その意味では、細かな調節ができず、不便に感じました。 まして、3日目くらいまでは、ダイエットできていたはずなのに、 5日目くらいになると、まるで、それを、取り戻すかのように、食欲が亢進してしまって、結局は後悔し、1週間の平均では、さほど、減量効果は認められませんでした。

日本における、糖尿病治療におけるトルリシティの臨床試験でも、たしか、 体重はニュートラルだったはずです。そのため、ビディリオンと比較し、 やや弱いGLP-1受容体作動薬の1週間製剤という位置づけです。この事実は、日本イーライリリーからも、裏付けをいただいています。

だからこそ、セマグルチド(商品名、オゼンピック)の登場が期待されていた、というのが、糖尿病の臨床現場の実情だったわけです。

もしかして、世の中のみなさんの一部には、GLP-1注射薬は、すべからく、やせる、と思い込んでいるのでしょうか?。しかし、それは、間違いです。だから、糖尿病専門医は、そのような治療には手をだしていないわけです。

GLP-1受容体作動薬、つまり、GLP1の治療は、結構、奥が深いんです。

ですから、外来で、GLP-1受容体作動薬の治療を、かなりの人数、経験している糖尿病専門医の指導を仰がないと、本来なら、やせないGLP-1注射を継続する、という、無駄な医療を受けてしまっている人もいるのではないか、と危惧しています。

一色単に、「GLP-1メディカルダイエット」という用語が横行するのは、危険なことかもしれません。

197回の閲覧

最新記事

すべて表示

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食

暗闇フィットネス、今は予約がガラガラ。

一時期、東京ではブームを作った暗闇フィットネス。 FEELCYCLE(フィールサイクル)| 暗闇バイクエクササイズ https://www.feelcycle.com/ 私の患者さんたちも通いつめるなどの大ブームでした。通勤前に1時間くらい行って、汗を流してから会社にいくとちょうど、体調がよかったそうです。 ですが、現在の予約状況をみると、閑散としてます。火曜日以降の予約は、なさそうです。コロナ禍

今後は、携帯電話会社メールアドレスは禁止にする方向で

既に、携帯電話会社のメールアドレスを、利用できなくしてしまっているネット通信サービスも、あるようです。以下が、その1例です。 ですから今後は、メールアドレスを、個人情報欄に、書き込む際に、こうした携帯電話会社のメールアドレスは書き込めなくする工夫も、考えていきたいと思います。 xxxxx@docomo.ne.jp xxxxx@ezweb.ne.jp xxxxx@softbank.ne.jp などの