• clinic94

減量確率はビクトーザの2倍のパワーを持つダイエット

The primary analysis was done using intention-to-treat ANCOVA estimation with missing data derived from the placebo pool. This study is registered with ClinicalTrials.gov, number NCT02453711.

FINDINGS: Between Oct 1, 2015, and Feb 11, 2016, 957 individuals were randomly assigned (102-103 participants per active treatment group and 136 in the pooled placebo group). Mean baseline characteristics included age 47 years, bodyweight 111·5 kg, and BMI 39·3 kg/m2.

平均年齢47歳。体重は110kg。BMIは、39の肥満患者さんです。糖尿病患者さんに限定はされていません。 そして、単純な肥満だけの対象者に対して、その93%の対象者が52週を終えての体重測定に成功しています。

Bodyweight data were available for 891 (93%) of 957 participants at week 52. Estimated mean weight loss was -2·3% for the placebo group versus -6·0% (0·05 mg), -8·6% (0·1 mg), -11·6% (0·2 mg), -11·2% (0·3 mg), and -13·8% (0·4 mg) for the semaglutide groups.

運動と食事療法だけでは、−2.3%の体重減少でした。

セマグルティドによるGLP1ダイエットでの、体重減少の変化率は、平均で、−11.6%から−13.8%です。 約半数以上が−10%の減量に、成功したと言えるのかもしれません。

All semaglutide groups versus placebo were significant (unadjusted p≤0·0010), and remained significant after adjustment for multiple testing (p≤0·0055). Mean bodyweight reductions for 0·2 mg or more of semaglutide versus liraglutide were all significant (-13·8% to -11·2% vs -7·8%).

オゼンピック(セマグルチド)と、ビクトーザ(リラグルチド)によるダイエットでは、統計的に有意差をもって、オゼンピックのほうが、体重減少に勝っていたというデータがしめされています。約2倍程度の確率で体重が減るようです。

Estimated weight loss of 10% or more occurred in 10% of participants receiving placebo compared with 37-65% receiving 0·1 mg or more of semaglutide (p<0·0001 vs placebo).

オゼンピックでは、かりに、最低0.1mg以上の量であれば、それを毎日、注射していたとしても、37から65%の対象者が、ダイエットに成功していました。

All semaglutide doses were generally well tolerated, with no new safety concerns. The most common adverse events were dose-related gastrointestinal symptoms, primarily nausea, as seen previously with GLP-1 receptor agonists.

HDCアトラスクリニックでは、週1回のGLP1受容体作動薬、ビデュリオンおよびトルリシティの処方経験は、日本でも、ずばぬけていて、おそらく、ずーーーとトップでした。特にビデュリオンの処方は、東京ではNO.1を何年も続けています。

なので、週1回製剤のGLP1注射に対して、副作用をあらたに自覚したり、それに、悩まされる患者さんは、少ないだろうと予測されます。なので、これらの問題に対しての解決策は、日本では、誰よりもぬきんでいるという自信があります。

135回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トップフォロワーが医療関係者達

https://twitter.com/drsuzuki006 私のTwitterの、フォロワーのトップが、「ケアネット」(公式サイト)。医療関係者が集まる専門サイトです。つまり、医療関係者にフォローされている人にフォローされている? という事は、医療関係者の関心が高い内容を情報発信しているという事になるのでしょう。 当院のGLP1ダイエット外来を訪れるのは、ナース、女性医師、保健師、薬剤師、介護

食欲が低下しすぎて嫌、低下しすぎて良い薬!

未来の抗肥満薬のお話をします。既に、臨床試験には入っていて、糖尿病専門医の最先端の医師達は、処方経験がある薬剤です。もちろん、私も処方経験があります。ですが、どの新薬なのかは、公開はできません。 その新薬を投薬すると、2つの反応に分かれます。それが、 食欲が低下しすぎて嫌。続けたくない。  という方々と、 食欲が低下してちょうど良い。体重も減ってくるのでありがたい。 という方々です。 もちろん、後

18日から28日まで、年末限定! AGA.sale

男性型脱毛症(AGA)の治療薬、フィナステリドを、サクセンダと同時に購入の方のみ、超格安価格で、お届けいたします。価格表は以下のサイトをご覧ください。 AGA 男性 脱毛 HDC アトラス クリニック 千代田区 予防 最安値 https://www.aga.sale/ 他のサイトで購入される場合の、半額以下になっていると考えます。ただし、既に、フィナステリドを服用されている方に限定させていただきま