• clinic94

減量確率はビクトーザの2倍のパワーを持つダイエット

The primary analysis was done using intention-to-treat ANCOVA estimation with missing data derived from the placebo pool. This study is registered with ClinicalTrials.gov, number NCT02453711.

FINDINGS: Between Oct 1, 2015, and Feb 11, 2016, 957 individuals were randomly assigned (102-103 participants per active treatment group and 136 in the pooled placebo group). Mean baseline characteristics included age 47 years, bodyweight 111·5 kg, and BMI 39·3 kg/m2.

平均年齢47歳。体重は110kg。BMIは、39の肥満患者さんです。糖尿病患者さんに限定はされていません。 そして、単純な肥満だけの対象者に対して、その93%の対象者が52週を終えての体重測定に成功しています。

Bodyweight data were available for 891 (93%) of 957 participants at week 52. Estimated mean weight loss was -2·3% for the placebo group versus -6·0% (0·05 mg), -8·6% (0·1 mg), -11·6% (0·2 mg), -11·2% (0·3 mg), and -13·8% (0·4 mg) for the semaglutide groups.

運動と食事療法だけでは、−2.3%の体重減少でした。

セマグルティドによるGLP1ダイエットでの、体重減少の変化率は、平均で、−11.6%から−13.8%です。 約半数以上が−10%の減量に、成功したと言えるのかもしれません。

All semaglutide groups versus placebo were significant (unadjusted p≤0·0010), and remained significant after adjustment for multiple testing (p≤0·0055). Mean bodyweight reductions for 0·2 mg or more of semaglutide versus liraglutide were all significant (-13·8% to -11·2% vs -7·8%).

オゼンピック(セマグルチド)と、ビクトーザ(リラグルチド)によるダイエットでは、統計的に有意差をもって、オゼンピックのほうが、体重減少に勝っていたというデータがしめされています。約2倍程度の確率で体重が減るようです。

Estimated weight loss of 10% or more occurred in 10% of participants receiving placebo compared with 37-65% receiving 0·1 mg or more of semaglutide (p<0·0001 vs placebo).

オゼンピックでは、かりに、最低0.1mg以上の量であれば、それを毎日、注射していたとしても、37から65%の対象者が、ダイエットに成功していました。

All semaglutide doses were generally well tolerated, with no new safety concerns. The most common adverse events were dose-related gastrointestinal symptoms, primarily nausea, as seen previously with GLP-1 receptor agonists.

HDCアトラスクリニックでは、週1回のGLP1受容体作動薬、ビデュリオンおよびトルリシティの処方経験は、日本でも、ずばぬけていて、おそらく、ずーーーとトップでした。特にビデュリオンの処方は、東京ではNO.1を何年も続けています。

なので、週1回製剤のGLP1注射に対して、副作用をあらたに自覚したり、それに、悩まされる患者さんは、少ないだろうと予測されます。なので、これらの問題に対しての解決策は、日本では、誰よりもぬきんでいるという自信があります。

133回の閲覧

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食