• clinic94

GLP1タキフィラキシーについて、その4.

こうしたGLP1タキフィラキシーについての議論において、 分岐点となる論文が発表されたのは、くしくも、私の論文が発表された翌年、2015年のことでした。

それが、

A Randomized, Controlled Trial of 3.0 mg of Liraglutide in Weight Management. Pi-Sunyer X, Astrup A, et al. N Engl J Med. 2015 Jul 2;373(1):11-22. doi: 10.1056/NEJMoa1411892.

というGLP1.comのサイトで、下段に日本語翻訳をしてある論文のことです。

結局、ビクトーザ、一般名、リラグルチドは、GLP1タキフィラキシーがあるがために、どんどん増量ができる、優れた、良い薬剤である。という結論にみちびかれます。

そして、そのタキフィラキシーを利用して、高用量まで、つまり、1日量にして、リラグルチド量にして3mgまで、増量していっても、血糖をさげるという効果は維持でき、しかも、糖尿病の発症予防という早期からの投与にも適しており、さらに、体重を減らす、ウエイト管理ができる薬剤になりえる、という主張の論文だったわけです。

サクセンダ、という薬剤が登場した、その瞬間こそ、GLP1タキフィラキシーは、抗肥満治療においては、「良い事象」、「望ましい事象」と定義された、といって過言ではありません。

結局、この結論を、違う、という反対意見は、少数派になりました。そして、ノボノルディスク社は、他のGLP1受容体作動薬とは異なり、唯一、抗肥満に利用できる、GLP1タキフィラキシーを応用できる薬剤、サクセンダ、をもつ、知名度の高い会社として、再評価されることになったわけです。

ビクトーザは、糖尿病の治療薬の商品名だったので、あえて、それを、サクセンダという別の商品名にし、3.0mgまでの、高用量投与を可能にする薬剤を市場に出すことを発表したのが、たしか、2017年の欧州糖尿病学会での発表だったかと思います。

欧州糖尿病学会の会場は発表の後、スタンディングオベーションで、欧米の医師たちは、こぞって大きな鳴り止まぬ拍手をしてました。(年次に多少のずれがあるのは、お許しくださいね。ブログなので。)

結局、こうした経緯をもって、私たち、日本の糖尿病専門医も、ビクトーザやサクセンダにかぎっていえば、GLP1タキフィラキシーは望ましい現象である、という事実をうけいれざるをえなくなったという歴史があります。

このように、私たち、「糖尿病専門医」でさえも、時に、この「GLP1タキフィラキシー」という用語の正しい使い方(??)を間違うこともあるくらいです。

一般の、GLP1ダイエットを、これから、行おうとしている受診者の皆様が理解に苦しむのは当然のことだろうと思います。

34回の閲覧

最新記事

すべて表示

スライディングボードエクササイズ

180cm 230cm 2サイズがあります。 通常は、180cmで、十分だと思います。 230cmができる人が身長が高い人、体格が大きい人、アスリートを目ざす人だけのようです。 シューズカバーが、ありますが、あえて、靴をはかないで、素足でも、できます。 持ち運びやすい 場所をとる時だけとるけど、しまいやすい、です。 外来の患者さんたちに、コロナ禍で、御薦めできるツールのひとつです。

GLP1効果が継続している時の、秋の心境とは

食べる気がしない。 食べなくてはいけない、というきにはならない。 でも、食べ始めると食べてしまう。 結構、入る。食べちゃう。 以前と同じ量は食べられてしまう。 お腹いっぱいには、なったという感じには、ならないが、満足感はある。 ちょっとだけ食べてもいいかな、という感じ。 でも、これだと食べてしまう。 ここで、食事の回数を減らそうと思った人はやせることができる。 回数を減らさなければ、痩せない。 G

インナーマッスルは、ダイエット向きではない!

肩や腰がいたくて、インナーマッスル治療をうける方たちがいます。 電気で、筋肉を強制的に振動させるのですから、その筋肉周囲の血流はよくなり、気持ちがよくなることもあるかもしれません。 確かに、インナーマッスルの治療をうけた後、 インナーマッスルの器具を購入し、自宅で治療をした後、 腰痛が軽くなった、などという患者さんは存在します。 ですが、「筋肉が振動しただけ」では、ダイエット効果になるはずがありま